新築でポストが間に合わない…ポストの代わりになるものは?

新築に引っ越した初日から郵便物が届くことは珍しくありません。

そのため、ポストはなるべく初日から付けておきたいところですが、間に合わない人も実際に多いのです。

ポストが無ければ郵便物は受け取れないので、日常生活が送りづらくなってしまいます。

今回はそんな時の対処法としてポストが設置されるまでの代わりとなるものをご紹介します。

新居に引っ越すもののポストがなく焦っている人は必見です!

 

簡単!段ボール箱をポスト代わりにする

引っ越しの際に使う段ボール箱をそのまま利用してしまう方法もひとつ。

郵便マークを書くことで、配達員や近所の方にも目印代わりになります。

ただし、注意したいのが段ボール箱は上部が開いているということ

 

外出中時に不在票が入った場合に風で飛んでしまう場合があるのです。

実際に風邪で飛んだ後に紛失してしまい、荷物が返送される事態も起こりうるのです。

箱の上部は布を覆う事や蓋代わりになるものをつけておくことで、風に飛ばされずに済みます。

 

ただし、段ボール箱をポンと置いているだけなので防犯面では危険です。

敷地に侵入してきた誰かが荷物を盗難してしまう可能性があります。

防犯面では危険ですが、どうしても…という場合は作っておきたいです。

 

100均のドキュメントファイルをポスト代わりに!

参照元: 通販 – ASKUL(公式)

 

全国どこでも手に入りやすいのが100均アイテム。

その中でもポスト代わりになるような、たっぷり収容できるファイルを購入しておきましょう。

クリアケースであれば撥水するので、雨の日も安心して使えます。

 

A4サイズがすっぽり収まるドキュメントファイルであれば、郵便物は比較的に入れられるのでおすすめ。

しかし、大きいサイズの荷物やメール便は入れられません

そういった大きめサイズの荷物を日常的に受け取る家では向いていないと言えます。

 

小さい衣装ケースをポスト代わりにする

参照元:収納用品・収納家具ホームセンター通販のカインズ

 

ポストを設置せずに小さい衣装ケースをポスト代わりに使用する人もいるようです。

紙やテープにポストと記入して貼っておくことで、誰が見ても分かりやすいものが出来あがります。

蓋もついているのでしっかりとカバーできますし、回覧板や新聞もすっぽり入るのが魅力。

 

ただし、衣装ケースは透明の物が多く、遠くからでも中に荷物が入っているか分かります。

そのため、郵便物が盗難されやすいというのは欠点です。

 

かごをポスト代わりにして使用する

手元に100均や雑貨屋のかごがあれば、それをポストとして使えます。

蓋部分に「ポスト:郵便物はこの中へ入れてください」と記入しておけば十分。

玄関ドアの横に設置しておけば、問題なく使用できます。

 

クーラーボックスをポスト代わりにする

 

キャンプやアウトドアが好きな家庭は特に、クーラーボックスを持っていませんか?

クーラーボックスは郵便物がたっぷりと入るので便利ですし、蓋もついているので濡れる心配はありません。

あまりに大きいサイズだと玄関のドアを開けるたびに邪魔に感じる可能性もあります。

置くのであれば少し小さめサイズのクーラーボックスがおすすめ。

もちろん、蓋の上には「宅配ボックスまたはポスト」と記入しておきましょう。

 

まとめ

外構工事が終わらなかったとき、ポストの代用品となるものをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

段ボール箱やクリアファイルなど100円で手に入るもので、ポスト代わりを作ることは可能です。

引っ越した初日からポストは必要なので、すぐにポスト代わりになるものを置かなければなりません。

そんな時には慌てずに、この記事を読んで参考にしていただけると嬉しいです。