新築でドアモニター選びに悩む…そんな貴方にアドバイス!

新築一戸建てにドアモニターを設置する場合、工事にかかる価格などを比較することです。

新築分譲住宅用のモニターには録画機能や人感センサーなど高機能のものも出ています。

建売住宅のドアホンの機能はチェックポイントになりえます。

新築でおすすめされるドアモニターのタイプ

新築一家建てや新築分譲住宅を購入するにあたり、住宅設備にいろいろとこだわっている人も多いでしょう。

その中には、ドアホンに注目している世帯もあるでしょう。

ドアホンは来客があった場合、最初に接触するポイントです。

建売住宅を購入するにあたって、セキュリティを重視している世帯も多いでしょう。

特に小さな子供がいる場合、もしものことを考えると安全性を確保しておきたいと思うはずです。

そこで最近のドアホンを見ると、多種多様な機能をつけているものも出てきています。

新築物件に付けるドアホンですが、テレビ機能付きのドアモニターやセキュリティ機能のついているドアホンが人気です。

両者に共通しているのは来客があった時に、その模様を画像や動画として収録してくれる点です。

ですから誰が来たのかをドアを開けることなく確認できるわけです。

このようなタイプのドアモニターですが、少し前でも提供されていました。

しかし従来は画像をチェックできるのは、リビングやキッチンに設置されているモニター親機だけでした。

一方最新機種を見てみると、寝室や子供部屋からでもモニターチェックできるように増設できる機種もあります。

さらに固定電話の親機と子機のように、モニター子機をポータブルで持ち歩けるようなものも出てきています。

そして外出していて自宅に不在の時に来客があった際に、お手持ちのスマホを使って誰が来ているのか確認できる。

しかもそのお客さんとスマホを使って外部からコミュニケーションできる機種もあります。

最近のドアモニターを見てみると、画像の鮮明度が一昔前と比較すると格段にアップしています。

またカメラの角度を自由に調整できるもの、ズームが可能なものも出てきているのでよりはっきりと誰が来ているのか確認できます。

夜の来客の場合でも、FEDライトが点灯することで暗がりでも人相を確認できる機種も見られます。

さらにただ単に画像や動画を撮影できるだけでなく、録画機能も付いている機種も出ていています。

例えば自分が留守にしている時に来客があれば、その訪問者を録画して後で確認することも可能です。

もし不審者が来た場合でも、その姿を記録しておけるのでたとえば警察などに届け出る場合でもその人物の特定がしやすいでしょう。

このように多種多様な機能の付いたドアモニターが出てきています。

セキュリティも重視して新築住宅を購入したいと思っているのであれば、機能性にも十分こだわってみると良いでしょう。

ドアモニターの工事っていくらかかるの?

新築物件にドアホンを取り付けるにあたって、どの程度の価格になるかは気になる所でしょう。

現在ドアホンといってもいろいろな機種があります。いわゆる来客を知らせるためのベルを取り付けるだけというケースもあれば、モニター機能が付いていて録画など様々な機能も含まれている最新型の機種もあります。

このため、工事内容もケースバイケースでいくらと一律に断言はできません。

しかし過去にドアホンの取り付け工事を依頼したことのある人の意見を総合すると、数万円から数十万円という価格帯になるでしょう。

ただし多くの事例を見てみると、数万円レベルの費用で取り付け工事のできている家庭が多いです。

せいぜいかかったとしても8万円程度なので、それほど大きな負担のかかる工事ではないです。

同じ工事内容でも、業者によって金額が異なることもあります。

そこで工事を実際に依頼する前にどのくらいの費用がかかるのか、見積もりを取っておいた方が良いでしょう。

複数の業者に見積もりをお願いすると、どこが安く工事を請け負ってくれるのかが分かります。

また自分たちの条件でドアホンの取り付け工事を依頼した場合、どの辺が相場になるかもわかるはずです。

網戸取り付け価格

いずれの場合でも、ドアモニターの費用はそれほど高額になる可能性は低いです。

インターネットなどで調べてみても、標準工事費用は7000~8000円台という所がしばしばみられます。

ただし配線を引っ張ってくるとか、延長する、新規で電源工事を行うとなると数万円という費用がかかる可能性もあります。

この辺の所は、住宅の間取りなどにもかかわってきます。

やはり見積もりを取って、自分たちの住宅ではいくらになるかを知ることが大事です。

見積もりを取る場合に注意しなければならないのは、相場よりも安い価格で工事を請け負うという業者です。

多少安い程度であれば、企業努力でそのような価格を出している可能性もあります。

しかし中には、相場と比較して圧倒的に安い価格を提示している業者もあります。

このような所があると、思わず飛びついてしまう人もいるでしょう。

でも最初に安い価格を提示して契約をとって、後になって「追加工事が必要になった」などと言って高額費用を請求する業者もありますので注意しなければなりません。

特に見積書を見ると、詳しい内訳についてほとんど記載がなくて、いきなり総額がドンと出ている業者はお手盛りで価格設定している可能性があります。

あまりに安ければ、逆に警戒した方が良いでしょう。

新築でドアモニターを考える場合のコツ

ドアモニターを設置する場合、上で紹介したようにいろいろな機能のものが出てきています。

その中でも新築住宅に何を取り入れるか考えるのであれば、まずはカタログで機能をチェックしてみると良いでしょう。

カタログで機種一覧を見ることで、最近のトレンドを把握できるからです。

その中で自分たちの世帯の場合、どのような機能を求めるのかを決めておくことです。

シンプルなドアホンでも十分なのか、ドアモニターにするのか、セキュリティ機能まで付けた方が良いのかを決めておきましょう。

ドアモニターにする場合には、録画できるようにするか、モニターの台数をどうするかも決めておいた方が良いです。

カタログを見ると、どのような機能をつけるかによって費用のシミュレーションもしているので予算と比較しながら、自分たちにマッチするものを絞り込んでいくと良いです。

またせっかく多機能で便利なモニターを取り付けたところで、家族が使いこなせないと意味がありません。

それでは宝の持ち腐れです。

多機能性のモニターを設置する場合、本当に自分たち家族にとって必要な機能なのかを考えましょう。

またどのように使うのか、家族が全員簡単にマスターできるような操作性が補償されているかもチェックしましょう。

「ドアモニターに関しては別に焦って決める必要はない」と思っている人もいるでしょう。

しかしドアモニターは早めに決めておいた方が良いです。

新築一戸建てを建設する場合、配線の関係もあります。配線工事を終えてドアモニターを決めようと思ったところ、配線の関係で自分の希望する機種を取り付けることができないというケースも考えられます。

新築住宅を購入する際には、早めにどうするか決めておいた方が良いです。

最近では、ドアホンを家電量販店で取り扱っている場合もあります。

ドアホンは実際に使ってみて、自分の手になじむかどうか確認した方が良いです。

普通住宅設備の確認をしたければ、ショールームなどに行かなければならないと思っている人もいるでしょう。

しかしドアホンの場合、近くの家電量販店で取り扱っている場合もあります。

ですから気軽に商品選びができるでしょう。

まずはメーカーなどのカタログを取り寄せてみて、どのような機種が良いのかある程度候補を絞り込みましょう。

そして最終的に電気量販店やショールームに行って、実物を手に取ってみて確認する、このような流れで取り付けるべき機種を決めれば、ベストのものが見つかるはずです。

新築でドアモニターを選ぶ際の注意点

ドアモニターを新築物件に取り付ける場合に注意したのは、その機能についてです。

新築一戸建てには今ではテレビモニターのついている機種が普通に取り付けられています。

最近では、録画機能の付いたモニターも決して珍しくない状態です。

機能性がだいぶ高まってきているので、どのような機能が付いているかをチェックすると良いです。

その中でも近年の傾向として、セキュリティを意識してドアモニターを選ぶ傾向があるようです。

そのためには3つのポイントを重視した方が良いです。その3つのポイントとは

  • 録画
  • 電気錠連携
  • 広角

です。

空き巣犯がどの住宅をターゲットにするか、まず確実にいえることはその住宅に住人が不在であることです。

そこでまずはインターホンを鳴らして留守かどうかを確認します。

この時当然のことながら、相手は面が割れるのを恐れます。

そこで広角レンズを使ったモニターは脅威です。

どこに隠れていても、センサーなどを使ってその姿をとらえてしまうからです。

もし怪しいと思えば、その場でその姿を録画することも可能です。

主導のものもあれば、自動的に録画撮影をしてくれるようなモニターも登場しているほどです。

過去にはこのドアモニターから録画した画像で、空き巣犯を検挙することができたという事例もあるほどです。

空き巣を成功させるかどうかポイントになるのが、時間と言われています。

侵入にいかに時間をかけないか、短時間であればあるほど、他人の目にさらされる可能性が低くなります。

また侵入するときに目立ってしまうのも、同じく他人の目に留まりやすくなるので犯罪者心理として嫌がります。

そこで電気錠システムが重要な役割を果たすのです。

例えばピッキングをして無理に錠を開けようとすると、電気錠システムが機能して警報音が鳴るという機種もあります。

そのほかには、センサーライトカメラの取り付けられている機種もあって、無理に侵入しようとすると、強烈な光が当たってその姿を録画するようなモニターもあります。

このようにライトや音によって、相手を威嚇すれば侵入をあきらめる可能性も高まります。

家の中でモニタリングする場合、タッチパネル方式をとっている機種も多いです。

しかしパネルが小さいと子どもや高齢者は操作がしにくく感じられるでしょう。

特に高齢者の場合、パネルが小さいと表示される文字も小さくなり見にくいです。

そこでパネルを大きく・文字も大きくして、見やすく操作がしやすくしている機種も出ています。

家族誰でも無理なく操作したければ、このような操作性に優れたものを探すのもおススメです。

ドアモニターの機能を知ろう

最近のドアモニターを見てみると、センサーによって自由自在に訪問者の撮影のできる機種が人気です。

例えばどの位置に人が立っているかを人感センサーで特定して、カメラの角度・ズームを調整できる機種が出ています。

パノラマタイプや複数個所を同時に撮影できるようなものも見られます。

夜に来客があるとドアモニターを設置していても、周囲が暗いので人相を特定できない機種もあるでしょう。

しかし最近のモニターの中には、周囲が暗くなると自動的にLEDライトが点灯して暗がりでも訪問者の表情をしっかり確認できるような機種もあります。

ライトは点灯しなくても、高画質のためはっきりと顔が確認できるものも見られます。

一人暮らしや共働きの場合、平日の日中部屋に誰もいないということもあるでしょう。

この留守番をしている時にだれが来たのか確認できるよう、録画機能の付いたドアモニターを販売している所もあります。

留守中に訪問者があった場合、その姿を録画して記録します。

また録画した画像をSDメモリーに同期できるようになっている機種もあります。

もし不審者が訪問した場合、その姿をいつまでも記録しておくことが可能です。

いざという時には、警察などの関係機関に提出することも可能です。

不在中の機能として、皆さんのお手持ちの携帯電話やスマホに情報を転送するシステムのものもあります。

もし不在時に来訪者があった場合、メールなどでその情報を通知してくれる機能です。

中には携帯電話やスマホの画面を使って来訪者の姿をモニタリングすることも可能です。

さらに携帯電話やスマホを使って、部屋に来ている来訪者と通話できるタイプもあります。

「今外出していていないから」とか「○時ごろには戻ってくるから」などと伝えることもできるでしょう。

最近の新築分譲住宅や建売住宅の中には、1階ではなく2階にリビングを設置している物件もあります。

1階の玄関に何らかの異変があってもすぐに反応できないかもしれません。

そこでドアモニターの中には、モニター機能を設置しているものもあります。

例えば玄関の周辺で不審な物音が聞こえた場合には、すぐに周辺の様子をモニタリングしてくれます。

例えば2階にモニターを設置していれば、その場で玄関で何が起こっているのか確認できるわけです。

このように今ではいろいろな機能の搭載されているモニターもあります。

自分たちにとってどの機能が必要なのかを考えて、機種選びをすることです。


Warning: imagecreatefromstring(): Data is not in a recognized format in /home/option/tateuri-option.com/public_html/wp-content/themes/shaper/functions.php on line 299