【絶対失敗しない】新築の玄関照明の選び方と種類

新築一戸建てを建てるのであれば新築分譲住宅や建売住宅などと異なり、細部までこだわることが出来ます。

そのため、玄関照明を人感センサーによるLEDの自動点灯にする方は少なくありません。

デザインや機能によって費用が異なるので、興味のある方はチェックしましょう。

新築玄関照明を考えるポイント

新築一戸建てを建てるのであれば、自分の好み通りの住宅を建てることが出来ます。

住宅とは人生において最も高い買い物であることから、誰もが強いこだわりを持っていることでしょう。

そのため、あらゆる部分で妥協したくありません。

住宅の中で重要視するポイントは人によってさまざまですが、中でも玄関証明にこだわる方は多いことでしょう。

玄関とは住宅に出入りする際に必ず利用するもので、お客さんも利用する場所なのです。

そのため、玄関の空間づくりには誰もが力を入れています。

毎日玄関を利用する家族のために使い勝手の良さはもちろんのこと、たまにやって来るお客さんのためにデザイン性についても考えなければなりません。

使い勝手とデザイン性を両立させた玄関証明とは、どういったポイントに注意するべきなのでしょうか。

玄関には何よりも証明が欠かせませんが、そこにはスイッチが必要です。

スイッチを付ける場所は大きく2ヶ所に分類されますが、ひとつは玄関ドアに近いあたりでしょう。

玄関ドアの近くであれば外出からの帰宅に便利です。

いくら暗い時間だったとしても、玄関ドアの近くにスイッチがあればすぐに玄関を明るくすることが出来ます。

しかし、暗い時間帯に外出する際に面倒でしょう。

そこでホール近くにスイッチを付けるという方法もありますが、それでは帰宅した際にスイッチを見つけることが困難です。

そのため、証明のスイッチの位置はどちらも一長一短と言えるでしょう。

そこでおすすめしたいのが人感センサー付きの照明です。

人感センサーとは人間の動きに反応するセンサーによって照明を点けることが出来ますので、人間がスイッチを操作する必要がありません。

そのため、暗い時間帯に外出する際も帰宅する際も問題無いのです。

また、人感センサーは人間がいなくなることで自動的にオフになりますが、たとえ人間がいたとしても動きが無いと自動的にオフになってしまうのです。

そのため、玄関で立ち話をしていると自動的に人感センサーがオフになります。

しかし、人感センサーは点灯時間の調整が可能ですので、立ち話をするようでしたら長時間点灯するようにしましょう。

さらに、ブーツなど履くことに時間のかかる場合も点灯時間を長くしてください。

そして、玄関に間接照明を取り付けようと考える方もいることでしょう。

しかし、間接照明とはあくまで間接的な働きをする照明ですので、それほど使うことはありません。

もちろん、こだわりのある方は別ですが、それ以外の照明について考えましょう。

新築玄関照明の選び方~LED

新築一戸建てを建てるということは新築分譲住宅や建売住宅などを購入するより、自分の好み通りの住宅を建てることが出来ます。

そのため、玄関照明など細部に至るまでこだわることが一般的です。

玄関照明をLEDにライトを選ぶ方が増加していますが、そこにはどういったメリットがあるのでしょうか。

+何よりも最大のメリットは消費電力にあるでしょう。

LEDライトによって消費電力を半分以下に抑えることが出来るのです。

玄関照明にLEDライトを利用する方が増えていますが、特にLEDダウンライトが選ばれています。

ダウンライトは明るさを出すのではなく、むしろ部屋の中に暗さを演出するために使用するものです。

つまり、間接照明的な働きをしていると言えるでしょう。

そのため、ダウンライトを検討しているのであれば体感による確認が欠かせません。

ダウンライトの設置方法には二種類あり、ひとつは分散型と呼ばれる配置です。

これはその名前が示すとおり、ダウンライトを分散させて配置をします。

しかし、こちらの分散型配置はひとつひとつの明かりが散ってしまいますので、玄関全体が暗く感じてしまうのです。

もちろん、落ち着いた雰囲気を出したいのせあればこのような分散型配置が良いでしょう。

ダウンライトには光の広がりの有効範囲が決まっているので、実際に光量を体感することをおすすめします。

また、ダウンライトの設置方法のひとつとして、収束型と呼ばれる配置方法もあります。

こちらの収束型配置は明るさ重視の配置方法ですが、明るすぎることで目が痛くなることもあるのです。

さらに、中央に明かりが集中してしまうと、明かりの向こう側が見づらくなることもあります。

そのため、収束型配置にすることで光量の強さを防ぐため、調光可能のダウンライトにしましょう。

これによって玄関のサイズや配置などに合わせて光量を調整するようにしましょう。

光量の調整次第で玄関の広さが変わりますので、自分の希望する玄関に合わせてください。

ダウンライトのLEDライトだけでは玄関照明の光量調整が難しくなりますので、そこでおすすめしたいのはダウンライトとシーリングライトの組み合わせでしょう。

シーリングライトとは天井に直接取り付ける照明で、全般照明として利用されています。

玄関を隅々まで照らしたいと考えているのであれば、このシーリングライトとダウンライトを組み合わせてください。

特に、ダウンライトだけでは足元が見づらいなど、玄関ならではのデメリットも起こってしまうのです。

新築玄関照明の選び方~人感センサーで自動点灯

玄関照明に人感センサーによる自動点灯を採用した新築一戸建てが人気となっていますが、これにはどういった理由があるのでしょうか。

人感センサーとは人間が玄関に入ることでセンサーが反応して自動点灯する仕組みです。

これによって自分でスイッチを操作する必要がありませんので、玄関の手間を減らすことが出来ます。

このセンサー付きのLEDのメリットについて上で紹介しましたが、そのほかにもメリットがあるのです。

自動点灯にすることで自分でスイッチを操作する必要がありませんが、これは手間を省くだけではありません。

夜間に帰宅した場合、暗闇の中でスイッチを探す必要が無いのです。

特に買い物をした帰りで両手に荷物を持った状態の方もいるでしょう。

このような状態ではスイッチを操作することが出来ませんが、自動点灯であれば問題ありません。

さらに、玄関には靴はもちろんのこと、傘立てや下駄箱などが置かれています。

そのため、暗がりで歩くことは危険なのです。

さらに、いくらスイッチの場所が分かっていたとしても、荷物で両手が塞がっていてはスイッチの操作が出来ません。

足元に何があるか分かりませんので荷物を床に置くことも出来ないでしょう。

さらに注意したいのは子どもとお年寄りでしょう。

スイッチの場所によっては手を伸ばす必要がありますので、そこで怪我をする恐れがあるのです。

しかし、自動点灯であればそのような心配がありません。

さらに、新築一戸建てを建てるのであれば、玄関照明だけでなく屋外照明も人感センサーにしましょう。

何よりもメリットになるのはセキュリティーでしょう。

人が通ることで自動点灯になれば周囲から注目されますので、そこで空き巣などの被害を抑えることが出来ます。

空き巣は目立つことを恐れていますので、自動点灯は大きな抑止力になるのです。

また、屋外照明のメリットはセキュリティー面だけではありません。

玄関には鍵がかかっていますが、そこで真っ暗になっていると鍵を見つけることが難しいのです。

さらに、そこで鍵が見つかったとしても、そこで鍵を落としてしまうと探すことが難しいでしょう。

しかし、そこで明かりが点いていればすぐに見つけることが出来ます。

特に雨が降っている日は傘がありますので、より探すことが大変になるのです。

さらに、両手が荷物で塞がっていると非常に面倒でしょう。

また、自宅にガレージのある方も明るくなっていると車庫入れが楽になります。

新築玄関照明の費用相場

せっかく新築一戸建てを購入するのですから、玄関照明やエクステリア照明にこだわりたいものですが、そこには必ず費用が発生してしまうもの。

それでは具体的にどの程度の費用がかかるのでしょうか。

玄関照明やエクステリア照明を設置するには設置費用だけではありません。

電気配線工事が必要になってしまうのです。

これは1ヶ所あたり3万円から4万円が相場とされていますが、照明のタイプや設置場所によって費用は大きく変化しますので、事前に確認しておくことが必要なのです。

玄関周辺のエクステリアに照明を設置するのであれば、1ヶ所の取り付けだけで5000円から1万円かかります。

そして、電気工事として1ヶ所で約5000円かかります。

さらに、ポールタイプの照明でしたら支柱工事をしなければなりませんので、工事費用は1ヶ所で約1万円です。

エクステリアは玄関周辺だけではありません。

外構にも照明を設置するケースもあるでしょう。

こちらには門灯タイプ・ポールタイプ・スポットライトタイプなどがあり、これらの種類やメーカーによって費用は異なります。

照明自体は1ヶ所で5万円程度かかりますが、工事費用も考えなければなりません。

ポールタイプでしたら3万円から5万円、スポットライトタイプで4万円前後、門灯タイプでしたら2万円から4万円となっています。

また、街灯の好き無いエリアや門から玄関まで距離のある家、帰宅が夜遅くなる方などは、センサーによる自動点灯にしたいもの。

これによって歩きやすさだけでなく、セキュリティー面でも安心なのです。

こちらも種類やメーカーによって費用が異なり、スポットライトタイプでしたら3万円から5万円となっています。

フットライトタイプとダウンライトタイプでしたら1万5000円前後です。

そして、取り付けや電気工事にかかる費用は1ヶ所あたり5000円から1万円となっています。

こちらにはさまざまな照明の設置費用を紹介しましたが、これはあくまで一例です。

これは玄関やエクステリアなどのデザイン、照明の数などによって異なります。

そのため、正確な費用を出すには業者に現地調査をして、見積もりを出してもらう必要があるのです。

しかし、誰もがこういった設置費用は出来ることなら、少しでもリーズナブルにしたいと考えるもの。

そのため、見積もりを出してもらう業者は複数の業者に依頼しましょう。

業者によって照明の費用や仕上がりは大きく変化するのです。

こだわりの玄関照明

玄関照明はどのようなアレンジが可能なのでしょうか。

これまでのアイデアを参考にすることで、納得出来る玄関照明に仕上げることが出来るのです。

特に玄関は家の顔とも言える場所でしょう。

家の住人は毎日利用する場所ですし、お客さんの目に最初に入る場所なのです。

そのため、玄関のデザインによって家の印象は大きく変化します。

特に最初に目に入るのはポーチでしょう。

ポーチはデザイン面だけでなく防犯の意味もありますので、誰もがこだわりたいもの。

特におすすめしたいデザインは、玄関ドアのデザインに合わせるということでしょう。

アンティーク風の雰囲気を演出するのであれば、洋風のガラス照明をおすすめします。

ガラスに映った光が陰影を作りますので、ムードのある光を演出することが出来るでしょう。

また、洋風デザインの玄関ドアでしたら、シンプルなデザインもマッチするでしょう。

ポーチは外側から見える場所であることから、どうしても豪華なデザインにしてしまいがちです。

しかし、それではゴテゴテとしたイメージになってしまうので、シンプルなデザインの方がマッチすることもあります。

さらに、シンプルであればどのようなシチュエーションにもマッチするのです。

そして、和風の玄関ドアでしたらレトロな雰囲気のあるデザインでも良いでしょう。

フレームのあるマリンランプであれば使い込むことで味わいが出るので、長きに渡ってデザインを楽しむことが出来ます。

さらに、カフェ風の落ち着いた雰囲気を演出することも可能です。

玄関の外側のポーチも大切ですが、玄関の内側の照明にもこだわりたいもの。

定番の照明はシンプルなシーリングライトでしょう。

LED照明であれば経済的であるだけでなく、電球の取り替えも手軽です。

さらに、空間全体が均一になりますので、柔らかい空間を演出することが出来るでしょう。

また、エッチングガラスの照明を利用することで、玄関の天井にガラスのデザインを反射させることが出来ます。

特に洋風の玄関でしたらマッチすることでしょう。

さらに、天井に直接取り付けるシーリングライトが一般的ですが、ペンダントタイプと呼ばれる吊るすタイプのシーリングライトも人気です。

これによってシャンデリア風の照明デザインにすることが出来ます。

さらに、ペンダントタイプはゴージャスなシャンデリアだけでなく、シンプルなデザインも少なくありません。

シンプルなデザインにすることで玄関に清潔感を演出することが出来るのです。