【新築オーナー様必見!】キッチン収納アイデアの失敗談・成功談

新築一戸建てでキッチン収納アイデアにこだわっている人もいるでしょう。

新築分譲住宅の実例がいろいろ紹介されているので参考にしてみましょう。

シンク下やゴミ箱などに工夫をしている事例もあります。

建売住宅のキッチンには調味料や食材などいろいろと収納するものはあるので重要です。

キッチン収納の難しさ

新築一戸建てを購入する際に、収納スペースが十分確保されているかどうかはチェックする必要があります。

もしスペースが十分でなければ、荷物が外にあふれ出てしまって窮屈に感じますし、汚らしい印象になりかねません。

収納を考える場合、それぞれの部屋にそれなりのスペースがあるかどうか確認すべきです。

その中でもキッチン収納はしっかりチェックしておかないと、炊事をするときに使い勝手が悪いと思われかねません。

キッチンは日常的に使用するものですし、意外と台所で使うものはたくさんあります。

食材や加工食品があるでしょうし、調理器具もいろいろと必要でしょう。

料理をする場合、各種調味料を準備しなければならないので意外とキッチンにはモノがあふれがちです。

もし収納スペースが十分なければ、別のところで保管する形になるでしょう。

そうなると必要な時に別の部屋から持ってくることになりますので、料理の手間もかかってしまいます。

さらにキッチンは食べ物を取り扱いますので、衛生管理のことにも気を払わないといけません。

このようにキッチン収納はいろいろなことを考える必要があるので、思っているよりもなかなか難しいという意見はネットでもしばしば見られます。

一般的な新築分譲住宅の場合、台所だけでもいろいろな収納スペースがあります。

例えばシンクの下のところに収納できる空間があるでしょう。

またガスコンロを使っているのであれば、ガスコンロの下のところに収納スペースが用意されている建売住宅もあるでしょう。

さらに冷蔵庫を入れている家庭がほとんどのはずですが、こちらも食材を保管するための収納スペースの一つとも言えます。

このようにキッチン内だけでもいろいろな収納スペースがありますので、どこに何を入れるのか考える必要があります。一戸建ての中には、地下に収納できるようなスペースを用意している物件もあります。

また収納スペースが引き出しスタイルになっているものもあります。

段別に収納するアイテムをジャンルごとに分けると、どこに何があるのか把握しやすくなりますので効率的に調理作業ができます。

さらによく使うものを前の方にもってきて、時々使うものを奥に入れるなどいろいろなことを考える必要があります。

マイホームを購入するために新築一戸建ての物件を見学する際には、このようなキッチン収納のことをシミュレーションしておくといいでしょう。

実際に収納スペースを開け閉めして、どこに何を入れるかをイメージしてみると引っ越し作業もスムーズになるはずです。

そもそもキッチンの間取りはどう考えるべき?

注文住宅をする場合に、住宅メーカーの営業マンとどのような家にするかの話し合いをするでしょう。

このとき、キッチンをどうするかは主婦の方にとっては関心事でしょう。

しかし営業マンの話を聞いてみると、どのようなスタイルのキッチンにするか、キッチンにどのような設備が必要か、メーカーで希望があるかなどの質問に終始してしまうことも多いです。

確かにどのくらいの価格になるかを決めるにあたって重要な話ではありますが、これは後々の問題です。

まず決めるべきことは、キッチンを間取りとしてどう考えるかです。

言い換えると、キッチンのレイアウトをどうするかです。

キッチンのレイアウトを考えるにあたって重要なのは、生活動線についてです。

キッチンで作業をしているとき、ずっとそこに長時間とどまらないこともあります。

例えば朝、朝ご飯を作って洗濯も同時並行で行うということも珍しくないはずです。

そうなると、キッチンと洗濯機を置いている場所、さらには洗濯物を干すためのベランダ・庭との動線がどうなるかで作業のやりやすさも変わってきます。

またキッチンの中でも冷蔵庫から食材を取り出して、ガスコンロに移動して…といった感じで台所の中の動線も重要なポイントになります。

このように間取りとしてキッチンを考えるのであれば、生活動線がどうなのかを検討する必要があります。

生活動線を考える場合、専門家の間で基本的なことといわれているのが、一筆書きの動線になっているかどうかです。

こういわれてもピンと来ないかもしれませんが、要するに家事をするにあたって行き止まりになるような動線が含まれていないかどうかチェックすることです。

行き止まりになっていると、行ったり来たりの往復が増えるのでその分移動時間も増えてしまいます。

一筆書きにならなくても、回廊型の動線になっていれば、効率的な家事労働ができるようになるでしょう。

生活動線を考える中で出てくるのが、収納スペースと場所の問題があります。

キッチン収納は、食材や調味料、調理道具などいろいろと保管すべきアイテムは多いです。

どこに収納スペースを設けるのかも、初期段階で決めておくべきです。

もしこのような間取りをどうするのか、収納スペースをどうするのか、といった問題が全く提案してこない住宅メーカーの営業マンであれば、そこに建築依頼するのは控えた方がいいでしょう。

キッチンの間取りを考える際には、家族が集まるLDKを含めてレイアウトをどうするか検討することです。

新築のキッチン収納アイデアの失敗談

インターネットにはキッチン収納のアイデアに関する体験談がいろいろと掲載されています。

その中には「こんなキッチン収納アイデアで住宅を作ったけれども失敗したな」という話も出ています。

これからキッチン収納を考えるのであれば、反面教師として失敗談をうまく活用するといいです。

失敗談の中には、ほかの人でもやってしまいがちなものもあります。

ですから自分の家のキッチン収納を考える際に参考になる情報が多いです。

キッチン収納アイデアの中で導入しようと思っているスタイルに、床下収納があります。

最近ではリフォームやリノベーションを題材にした番組がいろいろとあります。

その中でも床下収納は結構頻繁に取り上げられているので、「自分たちのマイホームのキッチンにも」と思っている人もいるでしょう。

しかし床下収納は、見た目がすっきりして収納スペースを増やせる半面、リスクもいろいろと出てきますので導入するには慎重になった方がいいです。

まず住宅設備の使用に制約の加わる可能性もあります。

例えば最近の住宅を見てみると、床下暖房を取り入れている物件も多いです。

暖房を冬場つけても、足元が冷えるという悩みを抱えている人もいるでしょう。

しかし床下暖房をつければ、足元もぽかぽかで快適に屋内で滞在できるでしょう。

床下暖房は、設備を床下に取り付けないといけません。

ところが床下収納を作ってしまうと、この設備を取り入れることができなくなりかねません。

また床下収納を見ると、中にスライドを設けているものがほとんどです。

長年使っていると、このスライドが壊れてしまうこともあり得ます。

スライドが壊れてしまうと、床下にアプローチできなくなって、中に入っているものを取り出せなくなります。

修理すれば再び使用できるようになります。

しかしこの間、中に保管したものが使えなくなり、炊事が不便になることもあり得ますので注意です。

あと今は大丈夫だけれども、長く住み続けると問題が生じる恐れもあります。

床下収納ということは、中に保管されているものを取り出すには階段の上り下りが必要です。

若いころはいいかもしれませんが、年齢を重ねていって、足腰が弱くなるとこの上り下りが大変になるかもしれません。

さらに階段を踏み外して転倒し、大けがをしてしまうリスクもありますからこの部分も検討しないと後々後悔する恐れが出てきます。

床下収納は限られたスペースを効率的に使用できるメリットがありますが、上で紹介したリスクのあることも認識すべきです。

新築のキッチン収納アイデアの成功談

新築物件にキッチン収納アイデアをいろいろと導入して成功したという体験談もネットで紹介されています。

キッチン収納を重視しているけれども、なかなかいいアイデアが思いつかないのであればこのような成功談を参考にして、自分のキッチンにも取り入れてみるといいです。

キッチン収納アイデアの中でも「これはおすすめ!」というコメントの多いのが、壁面収納です。

壁面に収納スペースを設けることで、調理器具や調味料などを保管できるようになります。

キッチンの壁面に収納スペースを設ければ、調理しているときに目の前にあるものを簡単に取り出せます。

ですから効率的に調理ができるでしょう。

壁面収納にすると、キッチンがすっきりとした見た目にできます。

また収納のレイアウトなどに工夫すれば、スタイリッシュでおしゃれな空間に仕上げることも可能です。

キッチンのシンク下が収納スペースになっている物件も多いです。

そして引き出しタイプの収納スタイルになっているものもたくさんあります。

この引き出しに空き箱などを使って仕切りを設けることで、収納するアイテムをジャンルごとに分けられます。

そうすれば、ほしいものを簡単に取り出せます。

一番上の段や2番目の段には、しばしば用いるツールを入れておくと、必要な時に簡単に取り出せます。

一方最後の段は他と比較して、深さのあるレイアウトになっているものも多く見られます。

この一番下には、少しかさばるようなものや高さのあるものを収納するとバランスも良くなります。

またシンク下の底の部分にすのこを敷くのもなかなかおすすめのアイデアです。

シンク下の部分はもともと湿気のこもりやすい場所です。

このため、すのこを敷くことで通気がよくなりカビ対策にもなるでしょう。

またキッチンではいろいろな種類のごみが出ます。

生ごみもあれば、燃えないゴミもあるでしょう。

さらにリサイクル用のごみもパックなどで出てくるかもしれません。

そこでキッチンに置くゴミ箱は複数準備するのもおすすめの方法だとよくインターネットで紹介されています。

ごみの種類別に箱を用意することで、ゴミ出しするときに分ける必要がないです。

ゴミ箱から袋を取り出して簡単に処理できます。

このようなキッチン収納についてのアイデアが、ネット上で紹介されています。

「より便利に利用できる空間にしたいけれども、具体的にどうすればいいかわからない」と思うのであれば、ネットの情報を駆使するといいでしょう。

これは真似したい!新築キッチン収納アイデア集

インターネットにはキッチン収納に関するアイデアがいろいろと紹介されています。

新築一戸建てに導入するのに参考になるアイデアもありますので、ここでいくつかピックアップしましょう。

おしゃれにキッチンをまとめる際にネックになるのが家電です。

キッチン家電の中にはいわゆる白物家電と呼ばれるものが多く、生活感が出てしまうのでおしゃれな感じにならないというジレンマが生じやすいです。

そこでキッチン家電を使わないときには見えないように収納している家庭もたくさんあります。

食器棚の中には、奥にキッチン家電を収納できるようなスタイルになっているものもあります。

普段は収納して隠してしまい、必要な時だけ引き出して使用するわけです。

またパントリーの一部を家電スペースにしている事例がネットで紹介されていました。

観音開きの扉を開けると、食器と家電の収納スペースがそれぞれ出てきます。

ネットで紹介されていたパントリーは、扉がスライド式になっているので前を移動する場合に扉にさえぎられる心配もありません。

またキッチンにクローゼットを設置して、その中に食器や家電製品を隠してしまう方式もおすすめです。

クローゼットの扉は折り畳み式のものを選ぶと、ほかの扉などの開け閉めを邪魔する心配もないでしょう。

家電を収納する扉ですが、ネットで紹介されているのはフラップ式もしくは観音開きタイプのものが多いです。

しかし中には、扉がパタンと手前に倒れるような食器棚を設置している新築一戸建ての画像も掲載されています。

手前に倒れた扉は、台のように活用することが可能です。

この上に家電製品を置けば、限られたキッチンスペースを効率的に活用できます。

手前に移動するのが若干面倒ですが、普段使用しないときには扉によって隠されるので生活感も出ません。

おしゃれなキッチン収納アイデアの中には、カフェをイメージしたスタイルも人気のようです。

コーヒーメーカーを自宅に導入している家庭もあるでしょうが、あえてオープンスペースにしてみせるのもおしゃれかもしれません。

カフェを見ても、結構コーヒーメーカーなどを見せることでおしゃれ感を出しているお店も多いです。

カフェの作業場のような感じにキッチンを仕上げると、コーヒーやティーにこだわりを持っているイメージを見ている人に与えられます。

画像付きでキッチン収納を紹介しているサイトはいろいろとあります。このようなレイアウトを自分の家にも導入して、おしゃれなキッチンに仕上げてみましょう。