【新築・住宅設備】サイクルポートの選び方など徹底調査!

新築一戸建てや新築分譲住宅を購入する際に自転車車庫の設置も検討すべきです。

建売住宅を購入したけれども物置などの関係で自転車が置けないと困っている人もいるからです。

自転車置き場にはいろいろなタイプがありますし、プラン・アイディアを工夫すれば無理なく設置できるでしょう。

新築で後悔しないための自転車車庫

新築物件を購入するにあたって、いろいろなところをチェックして新築一戸建てを絞り込むでしょう。

十分多様な項目を考慮して購入したはずなのに、後々後悔してしまうというケースもあります。

例えば、自転車車庫は新築分譲住宅や建売住宅を購入する際に、あまり重視していない人も多いでしょう。

例えば夫婦ともに自動車を運転することが多く、自転車に乗る機会がないという場合、スルーしてしまうチェックポイントかもしれません。

ところが自転車車庫を考慮せずに、新築一戸建てを購入して後悔しているというケースもインターネットで時折紹介されています。

例えば夫婦が自転車を利用することがなくても、子供が自転車に乗ることは十分考えられます。

すると自転車置き場を用意していないので、自転車をどこに置けばいいのかで困っているという話はしばしばネットでも取り上げられています。

玄関前のスペースくらいしかないので、外出するときに邪魔になっている、物置の前に自転車を置いているので物置の開け閉めが大変という話も聞きます。

さらに裏口に自転車を置いているという場合もありますが、この場合正面玄関まで自転車を運ぶのが大変です。

このように先々のことを考えて、マイホームをどのようにするかを考えておく必要があります。

都市部の新築一戸建ての場合、結構大きさはぎりぎりの物件であることも価格相場が高いので多いはずです。

そうなると自転車置き場をわざわざ設置するのは…という方もいるでしょう。

その場合には、ほかで将来自転車を置けるようなスペースを確保しておくといいでしょう。

例えば最近の一戸建てを購入する世帯は、マイカーを持っているケースも多いはずです。

そうなると、ガレージは自宅の敷地内に用意している物件も多いでしょう。

このとき自動車だけでなく、自転車も設置できるようなスペースを置くといいです。

一回りガレージスペースを大きくすれば、将来子供が自転車に乗ったとしても置き場に困ることはないです。

庭のスペースが多少狭くなるかもしれませんが、検討してみる価値はあります。

市販のグッズを使って、限られたスペースをやりくりする方法もあります。

自転車を置く場所がそれほど広くなければ、サイクルスタンドを活用してみましょう。

サイクルスタンドに自転車に乗らないときに保管すれば、省スペース効果が期待できます。

子供にとって自転車はどこかに遊びに行く、通学するときの重要な交通手段になりますので将来必要になる可能性も想定しておいた方がいいです。

新築の場合どんなプランで考えるべき?

新築住宅を購入する際に、駐輪スペースをどうするかを検討しておく必要があります。

では具体的にどのようにプランを立てればいいかですが、実際どの程度のスペースが必要になるかシミュレーションしてみることです。

具体的には、自転車をだれがどの程度の頻度で使用するのか、何台必要になるのかなどを考えましょう。

一般的な自転車は、全長190cm・幅60cm程度です。

もし家族3人が使用するのであれば、自転車のスペースとして2メートル弱は必要になると思ったほうがいいです。

自転車置き場のスペースのプランは、いくつかのパターンがあります。

例えば裏庭のところにスペースを確保するスタイルもあります。

洗濯物を干す場合に、兼用のスペースが作れないか考えてみることです。

裏庭に自転車置き場を設置するために、サンルームのような商品を販売しているメーカーもあります。

サンルームの中に自転車を設置すれば、雨の場合でも濡れずに安心です。

また洗濯物もサンルームの中に設置すれば、雨の日でも部屋干しをする必要がなくなります。

自転車に乗るのが趣味の場合、スポーティでクールなデザインのものを愛用しているケースもあるはずです。

その場合には屋外ではなく、あえて屋内に持ってくるスタイルもあります。

自転車を使っていない際には、一種のオブジェとしてインテリアアイテムの一つとして活用するわけです。

自転車を屋内に置く場合には、やはり玄関に設置するのが一般的でしょう。

この場合、従来の一般的な玄関と比較するとやや広めのスペースを取ることが大事です。

屋内で保管することで、雨風から自転車を守れます。

防犯性も高いです。

そのほかには駐車スペースに自転車置き場をセッティングするスタイルもあります。

自動車の近くに自転車を置けるようなスペースを確保するプランです。

この場合、ある程度空間に余裕を持たせることが大事です。

ぎりぎりのスペースに設計してしまうと、自転車を出すときに自動車にこすって傷をつける、駐車するときに自転車のぶつける可能性もあります。

そのほかには自転車が行き来する通路と自動車の出し入れする通路を別々に設けることで、このような接触を回避する方法も考えられます。

駐輪スペースのプランを考える場合、屋外に設置するコースが一般的でしょう。

この場合、盗難対策も考えておくことが大事です。

チェーンを使用すれば、盗難のリスクも低くなりますし、そのためには車止めバーが市販されているので購入しておくといいです。

そもそも自転車車庫にはどんなタイプがある?

自宅で自転車に乗る人がいるのであれば、自転車車庫を設置することも検討したほうがいいでしょう。

ここで問題になるのは、どのような車庫を設置すればいいかです。

車庫のタイプを見てみると、いくつかの種類のあることがわかります。

スチール型の自転車置き場です。

このタイプはいろいろなメーカーで販売しているので、バリエーションも豊富です。

サイズもたくさん用意されているので、自宅のスペースにフィットするものが見つかりやすいです。

自分で組み立てられるようなタイプもあります。

少し大きめの置き場になると、中に物干し竿もかけられるような種類もあります。

これなら自転車置き場としてだけでなく、洗濯を干すスペースとしても兼用できます。

自転車を置けるスペースを確保できるだけでなく、デザイン性にもこだわりたいと思っているのであればアルミ製タイプがおすすめです。

全般的にこのタイプの自転車置き場は、スタイリッシュな見た目のものが多いです。

ただしスチール型と比較すると、値段の高いものが多いので予算と相談する必要があります。

またスチール型の場合、自分で組み立てられるようなものが多いです。

しかしアルミ製の場合、素人では自分で組み立てるのは難しいかもしれません。

業者にお願いして施工してもらうということも検討する必要があります。

シルバーカラーのものが多いですが、中にはブラウンの置き場も販売しているメーカーがあります。

スチールやアルミ製の置き場を設置できるようなスペースがないというのであれば、簡易自転車置き場の導入を検討してみるといいでしょう。

テントタイプの置き場で、簡単に設置できます。

自転車1~2台くらいを収容できるようなものが多く、1メートルもないような幅のところに設置も可能です。

耐用年数は他と比較して短いですが、リーズナブルな価格で販売しているものが多いです。

気軽に導入できるのは魅力です。

さらに自転車1台だけで、狭いスペースでも設置できる種類として、ラックタイプがあります。

1台だけ保管できるものが多いですが、中には複数の自転車を同時に保管できるものも見られます。

中にはコンクリート製のラックタイプもあります。

コンクリート製の場合、もともと本体にそれなりの重量があります。

ですからビスやボルトなどを使って固定しなくても、安定した自転車置き場にできます。

中にはカラーバリエーションをいくつか用意しているものもありますので、自宅の敷地にマッチするカラーを選んでみるといいでしょう。

自転車車庫の天井造作アイディア

自転車置き場を設置する場合、天井がついていると雨風でも自転車が濡れることはないです。

自転車はスチールでできているので、雨風にさらされるとどうしても腐食が進み劣化も激しくなります。

長期間愛用したければ、雨対策は行ったほうがいいです。

自転車置場のタイプを見てみると、天井がもともとついているものも見られます。

スチール製やアルミ製の種類がたくさん販売されています。

頑丈な置き場を求めているのであれば、スチール製の方がおすすめでしょう。

しかしスマートでスタイリッシュなおしゃれな見た目の置き場がいいと思っているのであれば、アルミ製のものがおすすめです。

テントタイプの簡易自転車置き場も販売されています。

テントタイプなので、天井も布やビニールで覆われています。

ですから自転車を中に入れれば、雨が降ったときでも自転車が濡れることはないです。

カバーに骨組みがついているものと思ってもらえればいいでしょう。

リーズナブルな価格で販売されていますし、先に紹介したものと比較すると狭いスペースでも簡単に設置できます。

ただし強度の部分で先2つの種類と比較すると劣ります。

リフォーム業者などにお願いすると、上で紹介した既成のものではなく、オリジナルのアイディアの置き場を作ってくれるかもしれません。

インターネットで紹介されていたアイディアを一つ紹介すると、2段構えの天井を使った自転車置き場です。

まず天井にカーテンのような布でカバーします。

そしてその内側に骨組みを組んで、天井部分にガラスをはめ込んだスタイルです。

たとえば夏場の厳しい暑さの際、日中は日よけでカーテンを使って天井を覆います。

そのほかのときにはカーテンを取り払って、抜けのいい上部空間を作り出します。

ガラスが付いていますから、カーテンを開けっぱなしにしても雨が降ったとき濡れる心配はありません。

例えば、カーテン部分の布をクリームやブラウン系のものを使うとおしゃれで優しい空間にできます。

南国のリゾートホテルに滞在しているかのような、リラックスできる空間になります。

また置き場の中にランタンを設置すれば、夜になって照明をつけると優しい明りに包まれます。

ただ単に自転車を置くためのスペースではなく、テラスのような使い方もできます。

ひとつの場所を複数の用途で利用できれば、限られたスペースでも効率的に利用できるでしょう。

オリジナルの置き場を設置したければ、リフォーム業者と相談しながらアイディアを出し合ってみるのもいいかもしれません。

新築でガレージタイプの自転車車庫を考える

自転車車庫を考えるにあたって、通販サイトやホームセンターなどでガレージタイプのものも販売しています。

新築住宅にこのガレージタイプのものを設置するのも一つの方法です。

新築一戸建てに導入する場合、住宅の雰囲気にマッチするものがいいと考える人もいるでしょう。

サイクルガレージは豊富なバリエーションのものが販売されているのがメリットです。

スチール製の頑丈なものから庇のようなものがついているだけのシンプルなものまで、多種多様です。

自分の用途や住宅とのバランスなど、諸々の条件にマッチするものが見つかりやすいでしょう。

サイクルガレージの中には、素人でも簡単に組み立てられるものもあります。

パイプを組み立てて、天井にシートを張るだけで完成というものもあります。

さらに折り畳み方式のサイクルガレージもあります。

自転車を置いていないときには、折りたたんでコンパクトにまとめられます。

地面に固定するわけでもないので、簡単に移動できるのは魅力といえます。

自転車車庫がほしい、でもスペースにそれほど余裕がないという場合にはお勧めです。

サイクルガレージにはこのようなメリットがありますが、注意すべきこともあります。

まず種類によってはいったん設置してしまうと、そこから移動が難しいものもありますので注意しましょう。

中にはコンクリートの床にアンカーボルトを差し込むことで固定する方式を取っているものもあります。

これは設置した後で移動するのはなかなか難しいでしょう。

また素人がDIYで組み立てるのは難しいので、業者などに依頼する必要があるでしょう。

ガレージタイプの自転車車庫を使っている人の体験談がネットで紹介されていましたが、温度と湿度の管理が大変だそうです。

趣味で自転車を所有していて、長く使い続けたければ、メンテナンスが大変になるかもしれません。

たとえば夏場ガレージの中に熱がこもって高温となる可能性があります。

そこで扇風機を使って、外気を取り入れて、室内の気温上昇を防いでいます。

一方冬になれば今度は異常に気温の低下する恐れがあります。

そこで石油ファンヒーターを導入して、温めているという経験談が紹介されていました。

ガレージの場合、一般的なものは比較的スペースは広めです。

このため、作業台を持ってきて自転車のメンテナンスを自分で行うことも可能な種類もあります。

ただしスペースが広いと、ほかの自転車も購入したくなるのでそのような誘惑に惑わされない方がいいというコメントもネットに投稿されていました。

この部分も頭の片隅にとどめておくといいです。