収納力アップには「棚」がポイント!さまざまな棚の種類を紹介

新築の住宅を購入するときに、少しでも収納が多く、利便性の高い住宅にしたいと思うものです。

住宅の中にも棚というのは様々なものがあり吊り戸棚、可動棚、クローゼット棚、洗面所収納棚、トイレ収納棚、洗濯機上棚など様々な種類のものがありますよね。

それぞれの棚には役割があり、どのような場所にあるものなのかによって、使いやすい棚、使いにくい棚に分かれるのです。

収納が足りなくてなかなか片付かない部屋……

収納力アップの棚

新築の住宅を購入するときに、少しでも収納が多く、利便性の高い住宅にしたいと思うものです。

住宅の中にも棚というのは様々なものがあり吊り戸棚、可動棚、クローゼット棚、洗面所収納棚、トイレ収納棚、洗濯機上棚など様々な種類のものがありますよね。

新築の住宅を購入するものの家に物が多すぎて収納が足りない、ということももちろんあるでしょう。

せっかく新築を購入したのに、家が物で溢れてしまうというのは残念です。

そこで、部屋の収納に比べて物が多い場合には、まずはその解決方法を考えてみましょう。

物が多すぎる場合、新築に引っ越すのを機会に物を捨てるということがまず選択肢として考えられます。

物を捨てるのは勿体無いと感じるかもしれませんが、実は使わないものをいつまでも家の中に置いておくというのが一番無駄です。

物を捨てるというのは、手放すということであると考えるようにして、物をできるだけ減らす努力をしてみましょう。

もちろん、物を捨てるためには捨てるものと必要なものとをはっきりと仕分けしなければなりません。

まずは目の前にある物をいるものといらないものとに分類していって、どうしても捨てられないものは無理をして捨てる必要はありませんが、その場合にはいるものといらないものとは別に、キープするものに分類しておきましょう。

どうしても捨てられないものは、それが2度と手に入らないものか、今後手に入るものかを仕分けしてみてください。

収納力アップの棚

思い出であるアルバムやビデオといったものは、2度と手に入らないものであるということです。

また、リサイクルできるものはリサイクルする必要があります。

どうしても部屋を片付けることができない、物を捨てられないのであれば、その場合にはトランクルームを活用するというのも手です。

トランクルームとは、家に収納することができない物を一時的に預かってもらうことができるとても便利なスペースのことを指します。

トランクルームがあれば無理をして物を捨てる必要もありませんし、とても便利なものではありますが、トランクルームは最終手段です。

しっかりと自分でできる努力をして、それでも無理なのであればトランクルームを活用してみてはどうでしょうか。

トランクルームの大きさですが、宅配ボックス程度の大きさから、一家族分の家具が全て収まるような広さもあり、色々なサイズがあります。

屋外のコンテナタイプもありますし、空調管理、設備の整っているものなど環境も異なりますので、自分の預かる荷物にしっかりと合わせて広さや環境を選ぶようにしましょう。

とはいえ、一番よい解決方法は、家の中で収納がすべて完結することです。

デッドスペースを収納場所として活用することで片付けもスムーズにできるようになります。

シンプルな収納スペースである「棚」は使い勝手がよい方法でしょう。

棚があれば収納力アップ!

収納力アップの棚

子供が生まれたり、家族が増えたりすることによって、物はどんどん増えていきます。

大きな棚などはあっても、棚板が全く足りなかったり、結局は収納棚を十分に活かせていなかったりということもあるかもしれません。

吊り戸棚、可動棚、クローゼット棚など棚を増やすのももちろん良いのですが、まずは棚板を増やすというのも考えてみてはどうでしょうか。

実は自分で簡単に棚の棚板を増やしたり、減らしたりすることができます。

ホームセンターなどを利用すると簡単です。

家具はもちろん、様々なものが揃っているホームセンターであれば、木材コーナーなどに棚板専用の板も販売されています。

色や素材、奥行きなど家具にピッタリのものを合わせることができるので、本棚や吊り戸棚、可動棚などどのような棚にでも合わせて選ぶことができます。

板を購入して幅や奥行きなどを微調整すれば、既存の収納にぴったりフィットしたものができあがります。

収納力アップの棚

もちろん、ノコギリなどを自分で使用することはありません。

棚板を乗せるためにはビスも必要ですが、このようなビスもホームセンターで購入できます。

棚はあっても、その棚を有効に活用できるかどうかは棚板の数にかかっています。

棚板の数を増やせば、それだけで収納力は格段にアップしますので、試してみてはどうでしょうか。

もちろん、新築を建てる時に吊り戸棚や可動棚などをつけるのであれば、棚板を増やしたり、減らしたりが自由にできるものがおすすめです。

また、クローゼット棚、洗面所収納棚、トイレ収納棚、洗濯機上棚といった収納というのは、なかなか上手く収納できずに隙間ができてしまうことが多いのです。

そのため、隙間が多くできてしまうことがないように、隙間のできやすい収納には棚板をつけてみてください。

高さをしっかりと合わせつつ、棚を設置することによって、隙間にフィットした無駄のない棚を増やすことができますので、収納力がアップします。

洗面所収納棚などの低いスペースには、サイズの合った箱をなどを利用することで、細かいものもしっかりとまとめることができます。

吊り戸棚や可動棚、クローゼット棚といったものを増やすことはなかなか難しいですが、家を買ったもののどうしても収納を増やしたいと思うのであれば、専門業者に依頼をすれば収納棚を後付してもらうこともできます。

どんな種類の棚があるの?

収納力アップの棚

棚というのは色々な種類のものがありますが、それぞれの棚には役割があり、どのような場所にあるものなのかによって、使いやすい棚、使いにくい棚に分かれるのです。

例えば、吊り戸収納です。

手の届く場所にある棚というのは、頻繁に使用するものです。

しかし、手が届きにくい上部にある吊り戸棚は、頻繁に使用するものではないものの、ほとんど使用しない、というほどでもないものを収納するのにおすすめです。

来客時に使用するお皿などの食器類は吊り戸棚に入れるのに適しています。

また、家電収納やダストスペースといった部分も、収納として利用することは可能です。

シンク下収納もあれば便利です。

ボウルやザルなど、水回りにおいて使用する調理器具を収納すると取り出しやすいです。

収納力アップの棚

フロア収納は普段から頻繁に使用するものではなく、ストック品や、保存食、卓上調理器のようなものを収納するのにおすすめです。

調理スペース下収納は、調理において使用する小物を収納するのに適していますし、保存容器など調理、食事に使用する小物を入れると収納を上手に使うことができます。

棚はできるだけ多い方が、収納力も大幅にアップするのでおすすめですし、棚がないのであれば業者に依頼をして棚をプラスしてもらったり、自分で作ってみたりするというのも良いかもしれません。

コンロ下収納は使い方によって、収納力は全く違ってきます。

棚が多ければ収納力がアップするのですが、同時に本立てなどを上手に活用することでフライパンや鍋などをきれいに並べて収納することができます。

見た目からしてもとてもきれいで、整理整頓された印象になります。

このように、家の中で使うものを収納する棚というのは様々あります。

収納力を高めるために可動棚にしたり、吊り戸棚にしたり、工夫をしようと思えばどうにでもできますので、収納力を最も高められる収納方法について考えてみてください。

自分でできるものは自分で、自分でできないものは専門業者に依頼をしてみるというのも良いのではないでしょうか。