カーテンレール取り付けって簡単?業者に頼んだ方がいいの?

新築一戸建ての購入の場合には、カーテンレールが取り付けられていない、ということも珍しくありません。

基本的にカーテンレールは、オプションとして住宅購入時につけるものだからです。

カーテンレールを取り付ける場合には、いくつか注意しなければならないことがあります。

カーテンレール取り付け方法は?以外にコツが必要……

カーテンレール取付け

新築一戸建ての購入の場合には、カーテンレールが取り付けられていない、ということも珍しくありません。

基本的にカーテンレールは、オプションとして住宅購入時につけるものだからです。

カーテンレールなんて当然のようについているだろう、と思っている方は、実際に購入した家に入ってカーテンレールが付いてないことに驚愕するかもしれません。

基本的にカーテンレール取り付けについてはもちろん、カーテンレール取り付け料金については、施工会社やインテリアコーディネーターから提案される事はあまりありません。

インテリアコーディネーターの指示に従って、どんどん内装について打ち合わせが進んでいく中で、カーテンレール取り付けに関してはノータッチのままで工事が開始されるということが大半です。

このカーテンレールですが、オプションでつけるということをしない場合には、自分でつけたり業者に依頼したりすることになります。

しかし、引越し当日はカーテンレールを取り付ける時間はなかなか作れません。

カーテンレール取付け

しなければならないことがたくさんあります。

そのためカーテンレールの取り付けまでするのは非常に困難なことです。

自分で取り付け行うのであれば、引っ越し当日までには終わらせておくということを心がけてください。

カーテンレールは、自分たちで購入して後は取り付けは業者に依頼をする、などといった方法もあります。

選択肢は色々とありますので、最も自分たちの要望に合った方法を選ぶようにしましょう。

カーテンレールの取り付けを全て依頼するのはコスト的にも難しいという場合には、寝室や子供部屋など人目にあまりつかない部分は自分たちで取り付けて、リビングなどの人に見られる場所はカーテンレール取り付け業者に依頼をするというのも良いでしょう。

自分で取り付けるのであれば、カーテンレールを購入し、ビスを壁に打ち付けてカーテンレールを固定します。

とてもシンプルな作業です。しかし、カーテンレールは、どこにでもつければ良いというものではありません。

カーテンレールを取り付けて良い部分もありますし、カーテンレールの取り付けに適さない部分もあります。

カーテンレールを取り付ける上で適切な場所があるにも関わらず十分に理解しないままで、適当にカーテンレールを取り付けてしまうと、無駄に新築の住宅を傷めてしまうだけです。

不安なら業者を頼ろう!

カーテンレール取付け

カーテンレールを取り付ける場合には、いくつか注意しなければならないことがあります。

カーテンレールは、取り付ける窓の大きさや本数によって取付費用は大きく違ってきます。

カーテンレール取り付け費用を少しでも抑えたいと思うのであれば、シングルカーテンレールの取り付けがオススメです。

しかし、レースのカーテンを取り付けるのであれば、ダブルのカーテンレールになり費用が高くなってしまいます。

インターネットを利用して自分で購入することで、カーテンレール自体の費用を抑えることもできます。

また、インターネットを利用して、購入したカーテンレールを専門業者に取り付けてもらう、というのもオススメです。

もちろん自分で取り付けをすることも可能ですが、取り付けにはある程度の道具が必要ですし、何よりきれいに仕上げたいのであれば、専門業者の方がきれいに仕上げる技術を持っています。

カーテンレールを自分で取り付ける場合には、高所での作業になる場合もあります。

そのため台に乗ったり、ハシゴを使用したりすることもあるでしょう。

そのような場合には十分に注意しなければ、カーテンの取り付けで大怪我をしてしまうということにもなりかねません。

ましてや新築の住宅を購入して、今から可愛いカーテンを取り付けよう、おしゃれな部屋にしようと思ってるところで大怪我をしてしまえば、興ざめもいいところです。

そのため自分は不器用で、カーテンレールの取り付けに自信がない、というのであればやはり専門業者に依頼するのがベストです。

専門業者であれば安全に、そして確実に正しい方法でカーテンレールを取り付けてくれます。

業者に頼む際の費用

カーテンレール取付け

一般的にカーテンレールを取り付けたり、取り付けていたものを修理したりといった場合にかかる費用は10,000円から50,000円と非常に幅広く違いがあります。

費用を少しでも抑えるのであれば、インターネットを利用してカーテンレールだけ購入するのも良いですし、希望しているカーテンレールのイメージなどを専門業者に伝えてオススメのカーテンレールを提案してもらうのもいいでしょう。

自分で選ぶよりも専門的な知識を持ったプロが選んだ方が、より良いカーテンレールを選ぶことができる場合が多いです。

コストを何よりも重要視するのであれば、最小限のコストで購入したいということを業者に直接伝えると、費用を抑えたカーテンレール等を取り付けてもらうことができます。

このようなカーテンレールの取り付けや修理において、重要になるのはどのようなカーテンをつけるのか、そしてどのようなカーテンレールをつけることができるのかということを理解しておくことです。

例えばカーテンを1枚だけ取り付けるのであれば、シングルカーテンレールを取り付ければそれだけで終了です。

2枚ならダブルカーテンレールを取り付けなければなりません。

またカーテンレールにも種類がいくつかあります。

例えば機能カーテンレールです。

機能性カーテンレールは、カーテンの開閉をスムーズに行う、ということを目的としているタイプのカーテンレールになります。

カーテンレール取付け

アルミなど耐久性の高いもので作られていることが多く、値段もお手軽です。

マンションやアパートおいて備え付けられているレールの大半は、この機能カーテンレールになります。

デザインに関しては非常にシンプルなものが多く、できるだけ目立たないように作られています。

近年では様々なものが販売されており、木目調のものもあります。

室内のインテリアになじむもの選ぶのがオススメです。

また、装飾カーテンレールも人気があります。

何よりもデザイン性を重視している非常に高級感のあるカーテンレールです。

木製のものや金属のものなど、色々な種類の材質に分類されます。

カーテンレールを隠そうとするではなく、レール自体を部屋のインテリアの1つとして楽しむことができます。

シングルタイプとダブルタイプとの2つがありますが、開閉のしやすさという点においては機能性カーテンレールよりも劣る場合があります。

しかし、機能性カーテンレールの開閉のしやすさ、そしてデザイン性の高さを兼ね備えている、機能装飾カーテンレールと呼ばれるものも販売されています。

このタイプの場合には、やはり費用が高額になってしまいます。

テンションポールタイプというのは、いわゆる突っ張り棒のようなものになっています。

取り付けビスを使用することができない賃貸住宅や、壁にできるだけ穴を開けたくない、穴を開けることができない場所にとても適しています。

直径の太いものであれば、重量のあるカーテンもしっかりとかけることができますし、カフェカーテンなどを手軽に使うことができるのも魅力の1つです。

カーテンレール自体がポールなので、おしゃれなクリップ等を併用することで、素敵な仕上がりになります。

このようにカーテンレールとはいっても、様々な種類がありますので、室内のインテリアに合ったものを業者に依頼するようにしてください。