オプション工事なら「オプション工事ドットコム」

エコキュートと太陽光発電を連携!メリット&おすすめのメーカー

この記事は約11分で読めます。

太陽光発電の導入と同時にエコキュートも導入しようか悩んでいる方も多いようです。

2つの設備を併用することで、電気代の節約や非常時にも対応ができますが、同時に設置する場合は導入費用も高くなりますので、それなりの効果を見込んで購入したいものですね。

本記事では、エコキュートと太陽光発電を連携した場合の効果や、連携できるおすすめメーカーなどを解説していきます。

太陽光発電とエコキュートの仕組み

太陽光発電はエコキュートと連携するとさまざまな効果が期待できます。

太陽光発電の余剰電力でエコキュートを利用して昼間にお湯を沸かせば、深夜電力ではお湯を沸かす量を抑えることが可能になります。

深夜電力が値上がりが気になるところですが、エコキュートと太陽光発電を連携すれば、電気代のやりくりができるようになります。

太陽光発電では売電価格の低下などにより、自家消費型へのシフトをするためにも、エコキュートと連携して活用すれば、余剰電力を無駄なく使うことも可能になります。

では、まず始めに太陽光発電、エコキュートそれぞれの設備について概要と仕組みを確認しておきましょう。

太陽光発電システムの仕組み

「太陽光発電システムの仕組み」について概要を解説します。

太陽光発電とは、太陽エネルギ―を利用して電気を作る発電方式です。
太陽光発電システムで使う主な機器
・太陽光発電パネル
・接続箱
・パワーコンディショナー
・分電器

太陽光を利用して家庭で電気が使えるようになるプロセスは、簡単に説明すると以下の流れになります。

・太陽光発電パネル:太陽光を受けて光エネルギーから電気エネルギーを作る

・接続箱:ケーブルを一つにまとめて発電した電気をパワコンに送る

・パワーコンディショナー:発電した電力を直流電流から交流電流に変換する

・分電器:パワーコンディショナーから送られてきた電気を家庭内の配線に分ける

なお、「太陽光発電の仕組み」についての詳しい説明は、以下の関連記事より参考にすることができます。

エコキュートの仕組み

太陽光発電と連携できるエコキュートの仕組みについて解説します。

エコキュートとは?

エコキュートとは、正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といい、ヒートポンプを使って大気の熱でお湯を沸かす家庭用給湯システムです。

安い深夜電力でお湯を沸かしておくことができるので、夜に貯めたお湯を日中に利用することができてガス給湯器よりも省エネ対策になり、オール電化機器として需要があります。

エコキュートは、電気エネルギーやガスの力でお湯を沸かす方法とは異なり、大気中の熱を利用するので、その分、電気やガスの消費エネルギーを抑えられる効果があります。

エコキュートの仕組み

エコキュートの仕組みは、貯湯タンクユニットヒートポンプユニットから構成されています。

大気中の熱エネルギーをヒートポンプユニットに取り込んで、二酸化炭素で圧縮することで貯湯タンクユニット内の水を沸かしてお湯ができるようになります。

貯湯タンクユニットに貯めたお湯は、断熱材によって保温することができます。

エコキュートのメリット

エコキュートを利用するメリットは以下の通りです。

・光熱費が安くなる
・非常時にお湯が使える
・補助金が使える
・地球にやさしい生活ができる

光熱費が安くなる

ガスの消費量を減らして安い深夜電力を利用すれば、光熱費を安くすることができます。
家庭で使うお湯を作るためのコストは、ガス給湯器で作るよりもおよそ1/3くらい節約することができます。

非常時にお湯が使える

エコキュートで貯湯タンク内にお湯を貯めておけば、非常時にもし停電になって電気がなくても、貯湯タンクのお湯を使うことができます。

災害時でのライフラインの復旧にかかる順番は、一般的に復旧が早い順に【電気→水道→ガス】と言われていますので、ガス給湯器よりもエコキュートの方が安心して非常時に対応することができます。

補助金が使える

エコキュートを導入する場合、各自治体が実施している補助金制度を活用できます。

補助金制度を活用する場合は、年度によって制度内容が変わるため最新情報を得ることが必要です。

エコキュートの補助金制度については、各自治体のホームページより情報が公開されています。

地球にやさしい生活ができる

エコキュートは、大気中の熱と電気を使ってお湯を作るシステムなので、二酸化炭素の排出量も抑えて地球温暖化防止にも貢献できます。

エコキュートのデメリット

エコキュートを利用するデメリットは以下の通りです。

・初期費用が高額になる
・広い設置スペースが必要になる
・お湯切れの心配がある
・飲用には使えない

初期費用が高額になる

エコキュートは、月々の光熱費は抑えられますが、初期費用はガス給湯器よりも高くなります。

相場としては、ガス給湯器の初期費用は20万円程度、エコキュートは40〜70万円程度となっています。

広い設置スペースが必要になる

エコキュートは、貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットの2つの設備を屋外に設置するため、ある程度の広いスペースを確保する必要があります。

エコキュートに最適な設置条件は、一番よく使う水栓にできる限り近い場所が良いとされています。また、エコキュートの騒音で近隣トラブルにならないように設置場所を考えることも必要です。

お湯切れの心配がある

エコキュートのお湯の使用量によっては、お湯がなくなっていることもありがちです。

来客があったり、冬にお湯の使用量が多いなど、通常よりもお湯をたくさん使った場合は、エコキュートの設定を切り替えることや、昼間に沸き増しをして、お湯が切れないように管理することが必要です。

飲用には使えない

各メーカーともエコキュートで作られたお湯は飲用不可となっています。

エコキュートのお湯は夜に沸騰させて貯湯タンクに貯めるため、いったん貯湯タンクに貯めておいたお湯は、水道法に定められた水の基準を外れることになるため、衛生上、飲用水に適していないとされています。

エコキュートと太陽光発電を連携するメリット・デメリット

エコキュートと太陽光発電を連携した場合の効果、メリット・デメリットについて解説します。

エコキュートと太陽光発電を連携するメリット

・電気料金が安くなる
・余剰電力を有効に使える

電気料金が安くなる

安い深夜電力の料金プランを使ってエコキュートでお湯を作り、電気代が高くなる昼間は太陽光発電でカバーすると光熱費の節約に繋がります。

電気代の高い昼間は太陽光発電パネルによる発電量で家中の電気を賄うことができるので、エコキュートと太陽光発電を効率良く併用できれば、電力会社から購入する電力を減らして電気代を安くすることができます。

余剰電力を有効に使える

エコキュートと太陽光発電を併用すれば、昼間に使用する電気消費量が減るので、余剰電力が増えやすくなります。余剰電力が多ければ売電収入を増やすこともできます。

また、卒FIT後に自家消費型で利用するならば、エコキュートの消費電力を太陽光発電の余剰電力で賄うこともできます。

電力の市場価格は年々下がっているため、余剰電力を売電収入として利用するよりも、エコキュートを設置して余剰電力で安くお湯を沸かす方が、電力を無駄なく利用できる方法となるでしょう。

エコキュートと太陽光発電を連携するデメリット

・導入費用が高くなる
・オール電化では停電時に使えない

導入費用が高くなる

エコキュート、太陽光発電のいずれかを単体で購入するよりも費用が高額になります。

2つの設備を連携すると、電気代の節約になることや災害時に対応できるなどのメリットはありますが、実際の費用効果を見極められるように、導入前にしっかりシュミレーションをして、費用を検討すると良いでしょう。

また、高額な費用を少しでも助けるために、国や地方自治体の補助金制度を利用することも可能です。

エコキュートの費用相場
・370L:およそ15.7万円~44.9万円
・460L:およそ17.4万円~47.3万円
・550L:およそ19.5万円~50.8万円
・基礎工事と水道工事:およそ15万円~20万円
・電気工事:およそ6万円~15万円
太陽光発電の費用相場
・84万円(3kW)~140万円(5kW)
・工事費:1kWあたり6.6万円、3〜5kWの太陽光発電でおよそ19.8万〜33万円

オール電化では停電時に使えない

エコキュートと太陽光発電を併用してオール電化にした住宅の場合、停電時に使えなくなるケースが高くなります。

太陽光発電は、天候が悪い雨の日などには発電効率が低くなるため、電力会社の電気だけでは賄い切れないこともあります。

太陽光発電の効果を上げるためには、昼間の電気を貯めておくことができる蓄電池を用意することも検討すると良いでしょう。

太陽光発電連携機能付きエコキュートのおすすめメーカー5選

太陽光発電と連携できるエコキュートが知りたい方に、おすすめのメーカーと太陽光発電に対応する機能について紹介していきます。

・パナソニック:ソーラーチャージ
・ダイキン:昼間シフト機能
・三菱:お天気リンクAI/EZアプリ
・日立: 太陽光発電利用沸き上げ
・コロナ:ソーラーモードアプリ

太陽光発電と連携できるエコキュートは各メーカー共通のしくみとなっています。

毎日の天気予報を調べて、翌日分のお湯は、昼間の時間帯に太陽光発電の発電量でわき上げるようにして、夜間のわき上げ量を抑えるという設定を自動または手動で行います。

パナソニック

画像参考元:https://sumai.panasonic.jp/hp/feature/detail.php?id=2_25

機能:ソーラーチャージ
「ソーラーチャージ」で太陽光発電の余剰電力を有効活用することができます。

余剰電力を自家消費してお湯を沸かすことができます。夜の時間の沸き上げ量を減らして、翌日の昼間に沸き上げできるようになります。

・ソーラーチャージの対応機種:JP、J、N、C、W、NS、H、FP、F、Lシリーズ
・パナソニックのエコキュートは、太陽光発電のメーカーは問わず連携可能です。

「ソーラーチャージ」の活用方法
アプリ「おひさまソーラーチャージ」で天気を調べてリモコン設定します。
翌日が晴れの場合、リモコン設定すると夜間と昼間に分散してわき上げができます。

「AiSEG2」を利用すると、翌日の天気や余剰電力をチェックできます。「AiSEG2」は、家電、住宅設備、センサーなどと組み合わせて自家消費をサポートする製品です。

ダイキン

画像参考元:https://www.ac.daikin.co.jp/sumai/alldenka/ecocute/function/benri

機能:昼間シフト機能
太陽光発電を活用して、効率よくお湯を沸かすことができます。

翌日の天気を調べて晴れ予報であればリモコン設定して夜間のわき上げをセーブして、翌日の昼間にシフトすることができます。

「昼間シフト機能」の活用方法
昼間にわき上げる開始時刻と終了時刻をリモコンに設定します。設定方法は、翌日の1日だけ、または毎日設定することもできます。

三菱

画像参考元:https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ecocute/function/ez.html

機能:お天気リンクAI/EZアプリ
天気予報をもとに、太陽光発電システムの余剰電力を有効活用することができます。

天気予報の情報から、翌日が晴れの予報なら夜間のわき上げを減らして、昼間に太陽光発電の余剰電力を併用してわき上げをおこないます。

お天気リンクAI/EZの対応機種:エコキュートP、S、EX、Aシリーズ

「お天気リンクAI/EZアプリ」の活用方法
「お天気リンクAI/EZ」と太陽光発電システムとの連携にはアプリの設定が必要です。

無線LANアダプター付きリモコンセットやインターネット接続、スマートフォンやタブレットが必要となります。

日立

画僧参考元:https://kadenfan.hitachi.co.jp/kyutou/feature/07.html

機能:太陽光発電利用沸き上げ
リモコン操作(手動)で設定できて、蓄エネルギーにも対応できる機能です。

「太陽光発電利用沸き上げ」は、自宅の太陽光発電の余剰電力を利用して、昼間にお湯を沸かすことができます。

「太陽光発電利用沸き上げ」の活用方法
翌日の天気予報を確認して、翌日の昼間に沸き上げ時間を設定できます。季節や発電量に合わせた設定も可能です。
天気予報が外れた日や、前の日にリモコン設定を忘れても、当日設定で対応できます。

コロナ

画像参考元:https://www.corona.co.jp/eco/feature/energy.html

機能:ソーラーモードアプリ
アプリで自動で天気予報を確認し、太陽光発電の余剰電力を有効活用して最適な沸き上げ運転を行います。
ソーラーモードの推奨されている機器の容量は、370Lタイプは2.5kW以上、460Lタイプは3.0kW以上です。

「ソーラーモードアプリ」の活用方法
スマホからクラウドの天気予報と太陽光発電状況を調べて最適な沸き上げ運転を自動で行います。天気予報や季節に応じて、リモコンで【2日設定】や【1週間設定】ができます。

「ソーラーモードアプリ」を使用する場合は、AY5フルオートタイプ無線LAN対応インターホンリモコンの設置が必要です。

まとめ

エコキュートと太陽光発電は連携して使うと、非常時対策や光熱費の節約、卒FIT後に売電収入から自家消費型へシフトできるなど、さまざまなメリットがあります。

2つの設備を同時に導入するには、高額な費用が必要となるため、導入前にしっかり費用効果を得るためのシュミレーションを行うようにしましょう。

エコキュートと太陽光発電が連携できる製品は、各メーカーより提供されていますので、機能性と価格を比較して検討していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました