ドロボーに「時間が掛かる」と思わせる、面格子のすごい効果

面格子は、窓の外側に取りつける防犯用具です。

多くは金属製で柵のように窓を多い、侵入を防いでくれます。

格子を使用することは、防犯効果が非常に高いといわれています。

面格子ってなに?

面格子効果

面格子は、窓の外側に取りつける防犯用具です。

多くは金属製で柵のように窓を多い、侵入を防いでくれます。

面格子やシャッター、そして雨戸といったものは、防犯においてとても高い効果を期待することができるといわれています。

しかし、シャッターや雨戸などを取り付けることができない小窓も、住宅内にはたくさんあります。

例えばキッチンの窓やトイレの窓、浴室の窓といったものは空き巣から最も狙われやすい場所であるといわれています。

小窓から侵入されることなんてない、と思われがちですが、見えにくい場所ほど狙われやすいのです。

そのため、格子や窓格子を使用して防犯対策をする必要があるのです。

格子とひとまとめにしても様々な種類があります。

簡単に壊れてしまうものもあれば、なかなか壊れないタイプの格子などもあります。

アルミ製の面格子は耐久性に優れていますし、リーズナブルな価格で購入することができるので、多くの住宅で使用されています。

しかし、実はバールなどの専用の器具を使用すれば簡単に壊すことができます。

特にキッチンやお風呂場といった部分は面格子がついているために鍵をすることなく過ごしている方も少なくありませんので、どうしても狙われやすいのです。

また縦方向だけではなく、斜め方向にも強度を持たせているクロス型の格子は、縦方向だけの格子よりも耐久性が高く壊されにくいため、防犯性は高いです。

材質はアルミですので、耐久性にも優れており、こちらも多くの住宅で使用されています。

面格子でドロボーをブロック

面格子効果

格子を使用することは、防犯効果が非常に高いといわれています。

格子をしていることで「入りにくい家である」ということを空き巣やドロボーにわからせることができます。

どこから見ても格子が見える、というのは泥棒や空き巣に対しての精神的な防犯として非常に効果的なのです。

近年の泥棒は、どれだけ精巧に作られているダミーの防犯カメラなどでも、簡単に見破ることができますので、たとえダミーの防犯カメラをセットしてもあまり効果を期待することができないのです。

むしろそのような効果の低い防犯カメラで防犯対策をしている人が住む家ならばどこかに隙があるだろう、侵入しやすい家だろうと判断されてしまい、泥棒が侵入してしまいます。

入るのが困難である、時間がかかってしまうそのように思わせることが防犯対策としては何よりも重要なのです。

誰が見てもわかる格子を使用して、防犯効果をしっかりと高めるようにしましょう。

シャッターと組み合わせて防犯強化

面格子効果

格子窓の取り付けは見た目が気になってしまう、と感じる方も少なくありません。

しかし、実際に格子を使用しなかったことによって空き巣や泥棒に侵入されてしまったという人は数え切れないほどいるのです。

もちろん必要以上に高額な費用のかかる格子を使用する必要はありません。

まずは、縦格子やステンレス製の面格子などを使用して、防犯性能を今よりも少しでも高めるということを考えてみてください。

例えばシャッターもおすすめです。

一時期は見た目を重要視することによって、シャッターの取り付けを行わないという住宅を増えていました。

しかし、近年では防犯性の話や災害時の対策として、シャッターを取り付ける住宅がまた増えてきているのです。

残念ながら泥棒というのはいなくなることがありません。

そのため、万が一の時のために必ず格子を使用する、と同時にシャッターとの組み合わせによって、防犯をさらに強化することができるのです。

面格子効果

面格子は非常に優れていますが、どれだけ強固な鍵を取り付けても、プロの空き巣や泥棒は侵入してきます。

その侵入の時間を少しでも遅らせるということを目的として、格子を取り付けるのは極めて重要なことなのです。

格子に使用されている素材の大半は、アルミやステンレスです。

デザインは様々ありますので、どのような住宅にでもマッチするようなものが多いです。

ブラックやホワイト、アルミ色など様々な色も選ぶことができますので、面格子を使用したからといって住宅のデザイン性が欠けてしまうこともありません。

このような格子を使用する場合には、できるだけ死角になりやすい場所に重点的に設置してください。

先ほども申し上げたように小窓、つまりトイレや洗面室やバスルームといった部分です。

2階部分の小窓には、つけるべきなのかどうか迷う人も多いですが、もしも外壁が高く侵入しようと思えば出来るような場合、もしくは隣の住宅との距離が非常に近い場合にもできるだけ面格子やシャッターとの組み合わせで防犯性能を高めましょう。

格子の強度や設置方法を間違ってしまうと、すぐに破壊されることがあります。

格子がどれだけ強固なものだとしても、外壁がもろかったり、取り付け方法が間違っていたりすれば意味がありません。

格子ごと外してしまえば、良いだけですので取り付け方法、シャッターとの組み合わせなどの工夫を行うようにしてください。

面格子取り付けにかかる費用はどのくらい?

面格子効果

住宅を購入する場合には、面格子はオプションとなることが多いですので、オプションで取り付けたり、もしくは専門業者に依頼をしたりするようにしましょう。

また、古い住宅の場合には面格子の品質も著しく低下してしまっていることが多いです。

そこでリフォームを兼ねて面格子の取り替え等も行うと良いでしょう。

その場合には、できるだけ防犯性能の高い格子を選択する、というのもおすすめです。

防犯性能が高い面格子を選ぶときには、CPマークと呼ばれるマークが付いているものにしてください。

CPマークがついてる商品は、防犯性能が高いことの照明ですので、こういったものを選ぶようにしてください。

また面格子を使用したからといって、半永久的にガタが来ないのかと言えばそんな事はありません。

面格子は頻繁に掃除をするような場所ではありませんので、気づかないだけで実はガタが来ているということもあり得るのです。

どれだけ高級な面格子を使用したとしても、ガタが来ていれば簡単に侵入されてしまいますので、年末の大掃除など年に数回はできるだけお手入れをするようにしてください。

面格子の費用は種類、窓の大きさなどによって全く異なります。

トイレやお風呂場の小窓に取り付けるのであれば10,000円から20,000円というものから、面格子の材質などによっては50,000円以上の費用がかかることもあるのです。

面格子効果

またあまり知られていませんが、面格子は窓の外だけではなく室内に取り付けるタイプもあります。

例えば外開き窓の場合には、格子を取り付けることができません。

格子を取り付けてしまえば、どうしても窓が開けづらくなってしまうからです。

そのような場合には、室内に取り付けるタイプがオススメです。

こだわりのある窓を住宅に取り付けているような場合には、外観を損ねてしまいたくないという気持ちから格子を取り付けないことも多いです。

そのような場合には、外観を損ねないために室内に付けるタイプの面格子を取り付けるというのも良いでしょう。

建売住宅を購入する場合や、中古の住宅を購入する場合など面格子を取り付けるタイミングというのは様々です。

建売住宅を購入する場合には、オプションとして面格子を取り付けた方が防犯面が強化されますし、中古の住宅を購入する場合には、もともとついてる面格子の強度がどの程度なのかという事は必ず確認しておきましょう。

どれだけ見た目がきれいに見えても、格子はダメージを受けていたり、外れかけていたりする事は少なくありません。

面格子を取り付けるのであれば、まずは業者に見積を出してもらい、費用を比較したうえで納得して依頼をするようにしましょう。