新築洗面台収納の素敵なアイディアを徹底解説!

洗面台収納棚は、意外と見落としがちな収納ポイントです。

新築一戸建て住宅や新築分譲住宅などの建売住宅では、最初から収納機能も見られると思いますので、そこで生活することを想像してチェックしていく必要があります。

後々に改善していく予定であれば、アイデアを振り絞って収納を考えていくと良いでしょう。

失敗しないようにするためには、引き出し式の収納など、ちょっとしたアイデアを活用していくと良いです。

見落としがちな新築洗面台収納

夢の新築一戸建て、新築分譲住宅などの建売住宅、新築マンションなどの購入は人生の中でも最も大きな買い物と言われ、ここで妥協はしたくないというものですよね。

住みやすく、住んでいて心地良い家を購入したいのであれば、やはり収納スペースの問題はしっかりと考えておく必要があります。

実際にここに生活してみたら実は収納が少なくて困ってしまったという話はよく聞きますので、物件の隅々まで見て、収納のことを考慮した上で購入へと踏み切りたいものです。

収納スペースについては、押入れやキッチン回りなどが注目されることが多いですね。

たしかに押入れには多くの物を入れられ、キッチン回りではお鍋や包丁といった料理道具、お皿にコップといった食器も収納しておく必要があるため、しっかりと見ておくことも重要です。

これ以外にも洗面所の収納については見ておくことを強くおすすめします。

洗面所は意外に物を多くしまっておかなければなりません。

たとえばお風呂から出た後にはタオルも必要になるでしょうし、洗面台収納を想像すると分かると思いますが、歯磨き粉や歯ブラシ、洗顔グッズ、洗濯用の洗剤や洗濯関係のグッズ、人によってはコスメアイテムにドライヤーといった物も洗面所に置く方もいるかもしれませんね。

そう、洗面台収納や洗面所の収納は、多ければ多いほど使いやすく、生活もしやすいのです。

洗面所、ランドリールームの収納については、1点だけ注意しなければならない点があります。

それは、家具を入れにくいという点です。

洗面所に固定して置く必要がある洗濯機や洗面台はスペースを取ってしまうもので、大きさもそれなに大型ですので、搬入するのが難しいという難点があります。

収納棚を部屋に入れるにしても大がかりな作業になりがちなので、物件を購入する段階でチェックしておくのが理想です。

特に洗面台に付属している収納棚については、あらかじめ部屋に備え付けられていれば、手間も無く使いやすい物を使えるので、物件購入前に確認しておくようにしましょう。

洗面台収納棚は、センスが出るというもの。

あまりに大きな収納棚でも、確かに使いやすいかもしれませんが、その分景観を損なう可能性もあるわけで、洗面所の雰囲気を大きく作用する要素になり得るため、使いやすさと共にデザインについても注目してみてください。

とにかく、物件購入前には洗面所の収納についてもチェック、センスの善し悪しは個人の感性に任せるとして、押入れやキッチン収納と共に見落とさずに確認しておくと良いでしょう。

洗面台収納棚のアイディア

洗面台の収納に限った話ではありませんが、収納はちょっとしたアイデアで使いやすさも見た目もかなり改善させることが可能です。

大小様々な物で散乱してしまいがちな洗面台収納も、ちょっとしたアイデアを駆使すれば、スッキリと片づけることも可能、更に小物を使っておしゃれに仕上げることもできます。

今回は、洗面台収納棚の収納アイデアについていくつかご紹介していきます。

ぜひ参考にして、より使いやすい洗面台を作ってみてください。

収納アイデアその1は、棚の設置です。

狭い場所にでも手軽に入れられるスチール棚は、自分で高さや大きさも調節できる優れものでおすすめです。

ユニットシェルフのように好みのサイズへとカスタマイズできるだけでなく、その使い方も多彩。

直接タオルを置く場所として使用するのもアリですし、カゴを買ってきて小物類をそこへ入れて収納という形も良いですよね。

スチール棚は水回り特有の湿気にも強い点も特筆すべきでしょう。

洗面所、ランドリールームは湿気に晒されることになる数少ない部屋で、木材の棚だと定期的にメンテナンスをしてあげないとカビが発生してしまう原因になりますが、スチール棚ならばそのような心配はありません。

錆つくこともなく、長期間使用し続けられるのは利点と言えるでしょう。

収納アイデアその2は、つっぱり棒の活用です。

つっぱり棒は手狭な場所も収納スペースへと変えてしまう便利アイテムで、汎用性も人気も高いですよね。

部屋の上部につっぱり棒を設置し、そこへ収納ラックを取り付ければ、簡単に収納棚が作れてしまいます。

またS字フックを活用してみるのも良いですよね。

フックから何でも吊るして、おしゃれに収納することも可能。

このアイデアの利点はなんと言ってもコストの低さにあります。

ホームセンターに行けば1000円前後で購入することも可能ですし、S字フックなどは100円ショップなどでも購入可能と、低予算の中でもおしゃれな収納スペースを創り出せる点は非常に魅力的です。

この他にも、つっぱり棒を活用してハンガーをかけて収納へと変身させるなど、汎用性が非常に高い点も魅力的です。

ちょっとしたアイデアを駆使すれば、小物類で散らかってしまいがちな洗面台収納も拡張することが可能です。

もともと収納スペースが広く取られている洗面台やランドリールーム収納ならば良いですが、既存のもの使用しながらならば、アイデアを出して収納機能を拡張していくしかありません。

ぜひ自分だけのアイデアでおしゃれな収納を目指してみてください。

引き出し式の洗面台収納棚

洗面台と一緒に付けられている収納棚には、大きく分けて2つの使い方があります。

1つめはラック式で物を収納するタイプ、2つめは引き出し式で物を収納するタイプです。

ラック式の場合には小さく扉が取り付けられているパターンとむき出しになっていて棚のような形状になっているパターンがあり、こちらは小物類を入れておくか、日頃からよく使用する物を収納するなど、どちらかと言うと取り出しと収納をしやすいという特徴があります。

これに対して引き出し型の収納棚には、どちらかと言うと大きな物を収納しておくという特徴があります。

具体的にはお掃除する際に使用する洗剤類やシャンプー、コンディショナー、ボディソープの買い置きをする時に活用するのが一般的です。

単なる収納棚に乱雑に物を置いておき、使用する際に取り出すのも悪くはありませんが、それだと普段は使用しない物がどうしても棚の奥へと追いやられてしまいがちで、いざという時にすぐに取り出せないというデメリットがあります。

引き出し式ならば奥に置いておいても比較的簡単に取り出せることができるだけでなく、整理整頓しやすいというメリットもあり、活用する方も多いのではないでしょうか。

引き出し型は使い勝手も良く、ラック型の収納を作り変えることによっても実現可能なのも覚えておくと良いでしょう。

棚に小さめのカゴをたくさん用意して、そのカゴの中に整理して物を収納しておけば、使わないからと言って奥に追いやられることもなく、使いたい時にはすぐに取り出せるようになります。

たとえば洗濯用洗剤を収納するカゴ、シャンプーを収納するカゴ、コンディショナーを収納するカゴ、掃除用洗剤を収納するカゴといったように、目的別にカゴを分けて、引き出しを自分で作ってしまえば、使い勝手も良くなりますよね。

使用するカゴについては100円ショップなどで購入するのも悪くはありませんが、雑貨屋さんで木目調のカゴや良いデザインのカゴを選ぶのもおすすめです。

プラスチックのカゴは確かに低コストで購入可能ですが、これだと見た目が寒々しく感じてしまいます。

木目調のカゴやデザインの入ったカゴならば温かみも感じられますし、収納棚をおしゃれにまとめることも可能なので、機能性だけでなく見た目にもこだわりたいという方はぜひ好みのカゴを見つけてみてください。

引き出し式以外にもつっぱり棒を活用して棚の上部の空間を活用するという手もあります。

機能性を重視したいのであれば、つっぱり棒の使用も考えてみてはいかがでしょうか。

新築の洗面台収納の失敗例や注意点

収納力アップの棚

「これ良い!」と思って購入しても、後々になって使いにくく感じてしまう、買って後悔するという経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

お店に並んでいる状態で物を見ると、なんだか良い物のように感じてしまうもの、これは仕方のないことです。

しかし、家具のようにそれなりに値段のする物ならば、できれば失敗したくはありませんよね。

洗面台収納を購入する際にはどのような点に注意して購入すれば良いのでしょうか。

購入前に注目すべきポイントについてご紹介していきます。

注目ポイントその1は、「洗面台収納の奥行き」です。

洗面台収納を購入する前には当然大きさには着目すると思います。

洗面所に置くとなると、洗濯機などの他の家財も踏まえた上で、洗面台収納の大きさがそこに入るかどうかを判断することになると思いますが、意外と平面として考えてしまいがちです。

つまり収納の機能よりも、まず前提として設置できるかどうかにばかり目がいってしまいがちで、収納機能は見落とすことが多々あります。

収納棚の奥行きは、何を収納できるかの決め手になる要素となります。

奥行きが短いと取り出しやすい代わりに収納量は少ない、逆に奥行きが長いと多く収納できる代わりに奥の物が取り出しにくいという特徴がありますので、この特徴を踏まえた上で収納棚選びを進めていくと良いでしょう。

注目ポイントその2は、電源の配置についてです。

鏡も照明も付いているような大型の洗面台収納棚になると、電源コードをコンセントへとつなげる必要があります。

収納から伸びるコードの位置が適当でないと、せっかく購入したのに置く場所が限定されてしまう可能性もありますので注意が必要です。

電源の配置は店頭でもあまりよく見ることができず、そのため忘れてしまいがちですので、ぜひこの点はしっかりと注目して購入を検討してください。

近年ではデザインを重視して、あえて棚などは使用せずに配管などは露出させているタイプの洗面所も採用されている物件もありますが、この場合には配管部分にはよく注意する必要があります。

棚はシンプルな物を選んで設置するにしても、この場合、配管部分の結露が収納へと影響を及ぼす可能性がありますので注意してください。

タオルなどを置こうとすればカビが発生してしまうこともありますし、その他の物でも水垢や汚れが付着する可能性も考慮した上で、収納する物を決めておくと良いでしょう。

洗面台収納棚の購入において失敗しないコツは、収納棚の配置と収納機能を天秤にかけて考えることにあります。

コスト、配置、収納機能を総合的に判断してみてください。

おしゃれな洗面台収納

おしゃれな洗面台収納の共通点として挙げられるのは、まずは清潔感があること、次にすっきりと収納されていて見た目がシンプルにまとまっていることです。

何よりも大切なことは清潔感のある洗面台収納になっているかどうかで、デザインについては二の次と考えておいても良いかもしれませんね。

水回りは汚れが特に目立ちやすいポイントとなります。

水は綺麗というイメージがありますが、一方で細菌が繁殖しやすく、それに伴って汚れが目立ちやすくなってしまうという欠点があります。

水垢やカビが発生してしまっていると、それだけでおしゃれ度はがくっと下がることにつながりますので、大前提として清潔感のある見た目を目指すことはとても大切です。

清潔感のあるデザインとして、基調となるのはやはりホワイトですよね。

白を基調とした色使いのデザインは清潔の証、汚れがあれば目立つため、白は汚れの無いことをアピールするのにもってこいの色と言えます。

それから派生してオフホワイトなども使用されることもありますが、基本的には単色でシンプルなデザインの洗面台収納が総じておしゃれに見えることが多いです。

また、清潔感という観点から言えば、物が全て収納されている状態も目指していく必要があります。

たとえしっかりと区分けをして物を置いていたとしても、物が多すぎてしまうと見た目を損なうことにつながりますので、見えないようにしまうのもおしゃれのポイントです。

見た目を重視するのであれば、木材を使用して、白と木目のコントラストを重視したデザインもおしゃれにつながります。

木材はなんと言っても見た目だけで温もりを感じられる優秀な材料で、白い洗面器と一緒に一部が木材で仕立てられていると、おしゃれ度もアップしますよね。

DIYなどで木材が用いられることが多い理由にも通ずると思います。

ちょっとした棚を作るのであれば、茶色く温もりのある見た目の木材を使用して、白一色の中に柔らかくアクセントを加えることでおしゃれな見た目が実現されます。

近年ではシンプルさが求められている傾向にあり、棚1つ取ってみても、ムダな部品などは排除してしまうデザインの物が多いです。

いくら白でまとめても、不要な棚があったり、不要な物が置かれていたりするとおしゃれ度が下がる気がしませんか。

ポイントは、見えないように収納してしまうこと。

必要な時にだけ取り出して使えるように整理して収納することのできる洗面台収納棚はデザインとしても優秀と言えるでしょう。