新築の洗面台下収納で参考になるアイディアやブログを徹底調査!

新築での収納を考えるにあたり、いくつか該当する場所があります。

引き出し、ラック、棚など、新築分譲住宅や建売住宅、新築一戸建てでも同じです。

洗面台下収納を考えた人の体験談をまとめたブログはかなり参考になってお勧めです。

新築で洗面台下収納を考える

洗面台下収納は、普段見えない場所になるため、ちょっと油断するとすぐに散らかってしまいます。

新築一戸建て、建売住宅、新築分譲住宅と住宅の種類により、洗面台下収納のスペースも変わってきますが、一般的には排水管のパイプがあって、それを取り囲むように収納スペースとして使います。

洗面台下に入れるのは、お風呂場で使う物や洗濯用洗剤や柔軟剤、洗面台やお風呂を掃除するための掃除道具、洗剤などのストックです。

いろいろな物を収納しますが、最初から棚が備え付けてあることは少ないため、収納スペースを有効活用するためには、自分でカゴやラックを用意しなければいけません。

スペースによって、使用できるラックの大きさや高さが変わりますので、ラックを選ぶ時は必ず寸法を測り、それに合う物を選ぶのがおすすめです。

ラックにもいくつかの大きさがありますが、店によっては自分の家に洗面台下のスペースに合うサイズが見つからないこともあります。

こういう場合に便利なのが、長さを調節できる突っ張り棒です。

突っ張り棒を2本用意して、その上にカゴや小物入れを置けば、ラックとして使うことができます。

カゴや小物入れは同じ大きさで揃える方が統一感が出て、見た目にもスッキリ収納できます。

洗面台下は排水管パイプがあるため、場所により同じ大きさのカゴが置けないこともあります。

こういう場合は大きさを変えますが、色や種類を同じにすれば大きさが違っても統一感があるから見た目もスッキリします。

カゴや小物入れは湿気がこもりやすいことを考えて、プラスティック製がおすすめです。

万一カビが生えてもすぐに掃除できますし、半透明の物は中身が見えるので何が入っているか一目でわかります。

ラックを置く場合も、プラスティック製かスチール製にしておけば、掃除も楽ですし長く使えます。

洗面台下に奥行がある場合は、カゴや小物入れを奥と手前に2列並べて使いますが、奥のものを取り出したい時に一旦手前にあるかごを取り出さないといけません。

こういう場合はラックごと動かせるキャスター付きが便利です。

ラックに引き出しが付いているタイプなら、引き出しごと取り出せるので、奥行があるタイプを選んでおけば、いちいちカゴを移動させずに、引き出しごと取り出せて便利です。

奥行きがある場合は、引出し内に小物入れや仕切り板を使えば、いろいろな物を入れておいてもゴチャゴチャせずスッキリとまとめておけます。

洗面台下収納の引き出し

洗面台の下の収納を考える場合、他の人が実践しているアイデアを参考にしてみてはいかがでしょうか?

収納スペースがあっても、それを有効活用できていないと、洗面台の下が散らかってしまいます。

普段は扉を閉めておけば中は見えないので、気にせずなんでもかんでも詰め込んでしまいがちです。

しかし掃除をしようとして、洗剤やブラシを探そうとしてもゴチャゴチャしているとどこに何があるのかわからなくなってしまいます。

こうなると掃除をする時や、ストックを取り出したい時に毎回洗面台下にある物を全て取り出しその中から探すという状態になってしまいます。

常に整理整頓しておかないで、物を適当に置いてしまうと、扉がしまらなくなる、扉を開けた時に中の物が崩れて出てきてしまうという悲惨な状態となってしまいがちです。

新築分譲住宅や建売住宅、新築一戸建てに住んでいる人は、洗面台下収納をどのように使っているのでしょうか?

これを知りたい場合は、ネットで検索すればいろいろなアイデアが紹介されているので、すぐにわかります。

洗面台下の収納には、多くの人が100円ショップのアイテムを活用しています。

100円ショップで購入すれば、小物入れやラックをいくつか揃えても安く済むので経済的ですし、最近は100円ショップで売られているとは思えないくらい、デザイン性に優れたアイテムが増えているから、安っぽくなるのが嫌という人も気軽に取り入れられます。

例えば本来は書類ケースとして売られているラックを、横にいくつか並べて置けば洗剤やブラシ、なども入れられるから見た目にもスッキリ収納できますし、ゴチャゴチャしやすい洗面台下も常に整理されているから、何かを取り出したり使ったりしたい時も、ストレスなく便利に利用できます。

小物入れをいくつか買ってそれを使えば、同じデザインだから統一感があって見た目もおしゃれです。

ただし100円ショップによっては、置いてあるカゴやラックの色が限られてしまうことがあります。

白や半透明のタイプが欲しい場合、赤やピンクしかないと困ってしまいます。

こういう場合は少し規模が大きい100円ショップに行くと、いろんな種類が置いてありますし、数も多いから欲しい物が1度で揃います。

全体的にスッキリまとめて、且つ使いやすさを重視するなら、引き出し式がおすすめです。

奥にある物を引き出し式にすれば、全部を取り出さなくても、引き出しだけを引き出せばいいからとても便利でおすすめです。

洗面台下収納の参考ブログ

新築を建てる時、洗面台下収納の造作依頼をするにあたり、どのようにしていいか迷うことがあります。

洗面台下のスペースは洗面台によって変わりますが、排水管のパイプがあるため、全部を使うことができません。

パイプ以外のスペースをどのように有効活用すればいいか?これについては、いろいろな人のブログを参考にするのもおすすめです。

新築一戸建てを建てるにあたり、ブログを開設し家が完成するまでの様子を紹介したり、家の内装や家具、収納について紹介したりしているブログは意外とたくさんあるので、いろいろなアイデアを参考にできます。

いいアイデアや、素敵だなと思えるアイデアが見つかったらそれをそのまま取り入れてもいいですし、自分流にアレンジしてみるのもいいでしょう。

自分では思いつかないようなアイデアや発想を参考に出来るのは、とても便利です。

ブログをチェックすれば情報収集も簡単ですし、紹介されているアイデアをそのまま真似ても特に問題になることはないから、自由に取り入れることができます。

ただし自分がブログで紹介する場合は、他の人のブログを参考にしたと一言付け加えておくと安心です。

洗面台下収納には、カゴやラックを使うのが一般的です。

自分の家の洗面台下のスペースに合う物を選ぶのもポイントですが、カゴやラックをまっすぐ置くより、突っ張り棒を段違いに設置して、カゴを斜めにして使うというアイデアもあります。

少し斜めに設置するだけで、中に何が入っているかが見やすくなるから、こういったアイデアも参考にしてみてください。

ブログにはいろいろなアイデアが紹介されています。

洗面台下に使うグッズは、100円ショップで揃えると格安で揃えられます。

場所により排水管パイプが邪魔になり、置きたい大きさのカゴが置けないこともあります。

こういう場合、カゴの大きさが変わると統一感がなくなるように思えてしまいますが、色を揃えれば大きさが変わっても統一感が出ます。

カゴを選ぶ時は出来るだけ同じシリーズで揃えるのもポイントです。

ただし物によっては、100円ショップでは手に入らない場合もあるので、こういう場合はホームセンターなどを探してみてください。

人により斬新な発想もあるから、とても参考になります。

これから新築一戸建ての洗面台下収納を考える予定があるなら、是非いろんな人のブログを参考にしてみてください。

画像を参考にして造作依頼すれば、業者の人にも伝えやすくて便利です。

洗面台下収納のラック

新築の洗面台下収納を考える時、手軽に購入できて、使い勝手がいいラックや棚を取り入れるのもいい方法です。

ラックや棚にもいろいろなサイズや形がありますので、自分の家の洗面台下スペースに合う物を選ぶのがポイントです。

洗面台の大きさによって、洗面台下のスペースも変わってきます。

家族が多いほど洗面台も広さが必要ですし、洗面台が大きくなればその下の収納スペースも広くなります。

広いほどたくさんの物が収納できますが、いろいろ詰め込みすぎると、どこに何があるかわからなくなってしまいます。

こういう時にラックや棚を使えば、その上にカゴや小物入れを置けますし、倒れやすい物もカゴや小物入れに入れておけばスッキリとまとまります。

ラックや棚にもいろいろなタイプがあります。

フラットに置いて使うタイプは引き出し式だと使いたいときにすぐ取り出せて便利です。

洗面台下のスペースは限られますが、どこに何があるかすぐに把握出来る方がいいなら、ラックのカゴが斜めになっているタイプがおすすめです。

斜めに収納すれば、奥にあるものも見やすいですし、どこに何が入っているか扉を開けただけですぐにわかって便利です。

一般的には洗面台下には、排水管パイプがあるのみで、棚などはついていません。

オーダーメイドで備え付けの棚を設置することもできますが、大抵の場合はガランとしたスペースになっていますので、自分でラックや棚を用意します。

収納したい物が少ない場合は、カゴや小物入れに入れ、そのまま置いておいてもいいでしょう。

しかし家族の人数が増えるほど、必要な物も増えてきますので、どうしても洗面台下がゴチャゴチャしやすくなります。

こういう場合もラックや棚があれば、物が散乱せずに済みますので、スッキリとまとめておけます。

洗面台下のスペースに合う物が見つからない場合は、突っ張り棒が便利でおすすめです。

長さが調整出来るタイプを選べば、自分の家の洗面台のスペースに合わせて調整可能ですし、突っ張り棒の上にカゴや小物入れを置いて使えば、設置も簡単ですし突っ張り棒が支えになって、その上にカゴや小物入れを置いて使えます。

上にカゴや小物入れを置いて使う場合は、突っ張り棒を2本用意しましょう。

また余ったスペースがあれば、突っ張り棒にスプレー式の洗剤などの持ち手部分を引っ掛けておけるから、下に置くスペースがない時は、空間を有効活用できます。

いろいろな使い方ができるのもポイントです。

洗面台下収納の棚

新築一戸建ての場合、洗面台下のスペースがあると、収納しやすくて便利です。

しかし大抵の場合は備え付けの棚が付いているケースは少なく、ほとんどが空洞になっています。

洗面台下のスペースをフル活用できればいいのですが、排水管パイプがあるので、丸々使えないのが少し不便です。

何もない状態に棚を設置するには、どうするのがいいのでしょうか?

新築の洗面台下収納の造作アイデアは実に様々です。

新築一戸建てに取り入れたいアイデアをいくつか紹介します。

多くの人が取り入れているのが、スチール製のラックやプラスティック製の棚を使う方法です。

棚やラックはホームセンターでも売っていますし、合うサイズが見つからない場合はネットでも購入できます。

ネットの場合は実物を見て選ぶことができませんが、サイズをしっかりと確認しておけば買ってから入らず使えなかったという失敗もありません。

プラスティック製のラックは、幅を調整できる物もあるから、洗面台下のスペースによっては幅が調節できる物の方が便利な場合もあります。

ただしプラスティック製の場合、強度がないと、重さがある物は置けないという問題も出てきます。

洗面台下に収納する物で重さがあるといえば、洗剤のストックくらいでしょう。

もしも耐久性の不安を解消したい場合は、スチール製をおすすめします。

手頃なサイズのラックや棚が見つかっても、スペースが余ってしまうという場合は、低めの物を選びその上に、突っ張り棒で棚を作るという方法もあります。

突っ張り棒は設置する位置をある程度自由に選べるから、余ったスペースを有効活用できます。

下に置けない物も、ある程度重さの制限はありますが、2本の突っ張り棒の上にカゴを置いたり、直接引っ掛けたり、引っ掛けるタイプのカゴを使えば、デッドスペースになりやすい空間も有効活用できます。

この方法は洗面台の下以外にも使えますので、是非試してみてください。

あらかじめ備え付けの棚を取り入れたい場合は、棚板の位置を変えられるようなタイプがおすすめです。

棚が固定されていると、高さのある物が収納できないなどの問題が出てきます。

こういう時、棚の高さを後から調整できるようにしておけば、必要に応じて使い分けができるからとても便利です。

備え付けの棚は、一見便利に思えますが、後でレイアウトを変えたい時に思うように変えられないという可能性もあるので、オープンスペースにしておき、その都度ラックや棚を変えていく方が便利です。