玄関網戸のDIYに挑戦したい!必要な材料やおすすめの作り方は?

玄関網戸を取り付けるのには、市販品の購入と自作というふたつの選択肢があります。

費用を抑えられるのは、やはり自作の方。自分の好みで作れるので、市販の玄関網戸にはないオリジナリティを出すこともできます。

「とはいえ、玄関網戸のDIYなんて本当にできるのかな?」と不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

今回はそんな方に向けて、どんな材料を使ってどんな玄関網戸が作れるのか、具体例をご紹介していきたいと思います。

作り方を知り、実際の完成図を見ることで、自宅の玄関に自作網戸を取り付けたときのイメージが湧きやすくなるはず。

さっそく、DIYの玄関網戸の実例をチェックしていきましょう。

 

ラティスと網戸ネットを組み合わせてオシャレな玄関に♪

参照元: RoomClip(ルームクリップ)

この玄関網戸に使われているのは、ラティスというDIY用の木製の柵。

ネットやホームセンターなどで、手頃な価格で手に入れることができます。

ドアの幅に合わせて作られたラティスに網戸を張るだけの、シンプルな玄関網戸。

内側に開くように工夫されているので、開閉時もスムーズです。

 

木枠を組んで網戸ネットを貼り付けるだけの安価なDIY

参照元:予算3,000円以内!玄関網戸をDIYで作ってみた – 30代 農家を目指す金融マンの日常

木材と網戸用の網だけでできるリーズナブルな玄関網戸です。

まずは木材を用意し、ドアの大きさに合わせて枠組みを並べ固定。

大枠の固定には、L字型金具が使われています。ドリルで下穴を開けてからネジを打ち込むのが、木材にヒビが入らないようにするポイント。

 

四隅を固定したら、次に網戸をはめ込んでいきます。使う網戸は24サイズメッシュくらいのものを選び、虫が通れないように工夫。

重しや両面テープなどで仮止めをしつつ、圧着固定金具で固定し、ネジ止めすれば完成です。

この画像の玄関網戸にかかった費用は、なんと約3,000円という驚きの安さ…!

 

DIYの定番ディアウォールを活用して玄関網戸を自作

参照元:RoomClip(ルームクリップ)

約240センチの高さがある玄関ドアに取り付けられた自作玄関網戸。

ネジも釘も使わずに木材の柱を立てられる、DIYの強い味方「ディアウォール」が使われています。

 

扉の右側にディアウォールで支柱を立て、開閉がしやすい中折れドアに。玄関の出入りの際にも邪魔にならず、使い心地もGOOD!

薄い素材の網だけでは透けてしまうので、フリーカット出来るのれんもプラス。

外からのぞいても室内はほぼ見えず、風通しも抜群のよう。

 

本格的な自作!丁番を活用して折れ戸式玄関網戸をDIY

参照元:網戸DIY!オリジナル網戸でオシャレに可愛く! – 暮らしニスタ

まるで既製品のようなクオリティのオシャレな玄関網戸。

フレームは木材を4本組み合わせ、L字型金具を利用して固定。ドアの両横部分は、補強も兼ねて横幅に合わせぴったりカットした木材をはめこんでいます。

網戸部分はサイズを決めたら横板で補強しつつ、裏からL字型金具とT字型金具で固定。お好みの色にペイントしたら、網をガンタッカーで固定して網戸を完成させます。

 

折れ戸部分に丁番を固定し、取っ手をつけたら、いよいよ網戸をフレームに固定。フレーム部分に丁番で3箇所固定し、最後にプレート式ラッチを付けてドアとフレームを固定できるように。

これで折れ戸式のおしゃれな自作玄関網戸の完成です!

 

手軽に100均の材料で手作りする玄関網戸

参照元:ひでつぐ日記 – 節約主婦の玄関網戸

とにかく簡単に、安く完成させたい!という方におすすめの玄関網戸。

材料はどれも100均やホームセンターなどで取り揃えられるものばかり。網戸用の網、突っ張り棒、強力マグネット、カーテン用のリングや金具を用意しましょう。

突っ張り棒にリングを通し、そこに網戸用の網をカーテンのように吊り下げます。

玄関の縁と網、それぞれにマグネットを取り付けることで、網の隙間から虫が入り込むのを防止。

裾部分にも突っ張り棒を入れることで重みが出て、風が吹いても網がたるまなくなるようです。

 

防犯面が心配なら鍵付きの既成品を自分で取り付ける玄関網戸がおすすめ

自作の玄関網戸は、オリジナリティがあって素敵です。しかし、「防犯面が心配…。」と感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、鍵付きのルーバー式網戸。ルーバー式網戸とは、金属製の羽板がついている玄関網戸のことです。

 

ルーバー式網戸を使うメリットは、大きくわけて3つあります。

まず、防犯面で優れていること。金属製の羽板により、玄関内の様子はほぼ見えません。また、鍵がついているため簡単に侵入される心配もありません。

次に、風量や光量を調節できること。羽板の角度を変えることで、気温や時間帯に応じて風の通りや日差しの量を調整することができるので便利です。

最後に、しっかりした素材で安心感があること。網戸1枚では心もとない玄関も、金属製のルーバー式網戸なら安心。機能面でも防犯面でも役に立ってくれる網戸です。

 

ルーバー式網戸の具体的な特徴やメリットに興味がある方は、下記の詳細へどうぞ!

 

まとめ

さまざまな自作玄関網戸をご紹介してきました。真似してみたい!と思えるような玄関網戸の実例はあったでしょうか。

素人には難しいと思われがちな玄関網戸のDIYですが、材料と手順さえしっかりおさえておけば割と簡単にできるようです。

今回の記事を参考に、あなたの家にぴったりの玄関網戸を自作してみるのも楽しいかもしれませんよ。

そんな時間がないという方で、新築戸建ての場合はオプション工事ドットコムのような新築網戸工事 業者へ依頼されたほうが無難です。