網戸は後付けできる!内倒し窓やすべり出し窓のような小さい窓に網戸を取り付けるには?

 

一度取り付けた窓に網戸がない場合、後から付けたいと思う人も多くいます。

また、近年の新築住宅では網戸が取り付けられていないこともあるようです。

取り付けが難しそうな網戸ですが、実は業者に依頼せず自作で行うこともできます。

 

今回は自作で網戸を取り付ける方法と業者に依頼して取り付けてもらう方法をご紹介!

また、出窓や小窓であっても網戸は取り付けられることもお伝えします。

この記事を読めば網戸の取り付けに関してはマスターできるので、ぜひ読んでみてください。

 

DIYでお手軽♪内倒し窓に自作網戸を取り付ける方法

 

DIY初心者さんでも大丈夫!自分で創った網戸を取り付けるにはどうしたらいいか?お伝えします。

 

網で有名なメーカーを駆使して簡単DIY!

用意するもの

  • ダイオ化成:防虫網 クラウンネット24メッシュ
  • ニトムズ:機密・防水クロステープ
  • スリーエム:強力両面テープ防水用

 

ネットが1つと2種類のテープのみで作成することが出来ます!

ネットの色は外からの視線を遮りたい場合は白色、景色を楽しみたい場合は黒色が良いでしょう。

一番人気のメッシュが24メッシュです。こちらは外気をほどよく通すのでおすすめ。

ネットのサイズは大きめを購入することで、やり直したいときにも使えます。

防水のクロステープは窓枠と網戸を張り付ける目的に使用。なので、窓枠と同じ色のものを選ぶことで馴染ませることが出来ます。

 

取り付け方法

  1. 窓枠に汚れがあると粘着力が悪くなるので、拭いておきましょう!
  2. 防水両面テープを窓枠4辺すべてに貼り付けます。
  3. 上辺から両面テープをはがして、網を貼ります
  4. 網を貼ったら、手で軽くトントンと押してください
  5. 4辺すべて貼り終えたら、上から防水テープを貼ります
    このときに1辺ずつ貼るのがポイント
  6. 最後に4辺すべてを1周貼って完成です!
    これで2回巻かれていることになります。

 

窓枠と窓に段差があっても可能!100均の商品でDIY

用意するもの

  • 突っ張り棒
  • クッションテープ
  • ケーブル留め具
  • ガムテープ銀色(窓枠が銀色の場合)
  • DIY網戸用ネット

 

取り付け方法

  1. まずは窓枠の大きさに合わせて、DIY網戸用ネットをカット!
    そして4辺をガムテープで固定します。
    さらに上からホッチキスでガムテープを固定。
  2. 網戸を張り付ける窓と窓枠に段差があるので、すきまを埋めるために網の4辺にクッションテープを貼りつけます。
  3. 銀色のガムテープでクッションテープを包み、窓枠の銀色と合わせます。

 

網戸の後付けは業者に依頼できる?

 

自作ではどうしても時間がかかるし、難しそう…!と思う人は業者に頼んでしまうのも1つの方法。

網戸の後付けは自力ではなく、業者に頼って行うことも出来るのでDIYが苦手な人も安心です。

取り付けることに関しての知識が豊富なプロにお願いすることで、網戸の種類やデザインについても詳しく教えてもらえます。

網戸1枚当たり4千円の均一価格で行ってくれるオプション工事業者や、5千円で張替えを行ってくれるリフォーム業者があります。

 

内倒し窓に取り付けられる網戸の種類

内倒し窓にぴったりな網戸にはどのような種類があるのでしょうか?

 

パネル網戸(固定式)

デザインはシンプルで1番多く使用されている網戸がパネル網戸。内倒し窓に適しているネットはネットの隙間がなく、網目が細かいもの。

網目の細かさが離れた場所からネット自体を見えにくくするので、視界が綺麗に見えます。

外の景色をクリアに見ることで解放的な気分になれるのが嬉しいです。

 

そして、外からの目線を気にせず窓を開けたままに出来るので電気代の節約にもなります。

通気性が良いと家の中が過ごしやすいのは、家族や来客にとって快適。

 

すべり出し窓(縦・横)に取り付けられる網戸の種類

上げ下げロール網戸

簡単な操作で網戸を上げ下げ出来るのが特徴。ボールチェーンを引っ張るだけで開閉が可能なので、難しい操作は必要ありません。

網戸を使用しないときは楽に収納しておけて、場所を取らないので便利です。

上げ下げロール網戸だと、開閉時に内側に開かないので窓付近のインテリアを楽しめます。

そして、カーテンを付ける際にも邪魔になりません。

 

横引きロール網戸

横に引くことで楽に開閉できるのが、横引ロール網戸。

上げ下げロール網戸と同様に、使用しないときは収納できるのでスペースを取らずに済みます。

 

画像参照元:YKK AP株式会社

 

窓の種類によって網戸の選択肢も変わる

 

網戸を取り付けたい窓の種類に合わせて、取り付ける網戸は最適なものを選びましょう。

内倒し窓には固定式のパネル網戸が向いていますが、滑り出し窓には上げ下げロール網戸や横引きロール網戸がぴったり。

引き違い窓だとスライド網戸、通風ドアだと網付き格子網戸がおすすめです。

 

これら以外にも玄関や勝手口にも使用できるアコーディオン網戸や、玄関先に取り付けるのが便利な折戸式網戸も人気です。

アコーディオン網戸は楽器のアコーディオンと同様に折り畳んで収納が出来ます。玄関や勝手口以外にも、滑り出し窓にも使用可能

 

折戸式網戸は2つに折りたたんで開閉することができる網戸。

夏場に玄関を開けたままにして、折戸式網戸をつけている住宅も多いでしょう。風を通しつつ防虫対策も出来るので、快適になります。

もし接戸式網戸だけのままで眠ってしまっても、鍵を付けられるので防犯も出来るのです。

 

網戸は窓によって最適なものが変わりますし、網戸の色も1つではありません。

生活スタイルや家庭・立地環境にも変化するので、よく考えて選ぶことで家の中がより快適になります!

窓の種類に応じた網戸の選び方や網戸の色の違いについて、こちらの記事で詳しく紹介しているので良ければご覧ください。

まとめ

新しく住宅に引っ越したところ、網戸が取り付けられていない…!ということは、よくあることです。

網戸の後付けは業者に依頼する他に自作で行うことも出来ます。

取り付ける際には「網戸は適当でいいか…」と思わずに、取り付けたい窓に合わせて網戸を選びたいです。

そうすることで家の中で過ごすことがもっと快適になりますし、住みやすくなります♪