お風呂のカビ防止!浴室の掃除を楽にするには新築入居前のコーティングがベスト

 

毎日使うお風呂。お風呂は換気に気を遣っていても湿気がたまりやすく、毎日掃除をしていてもカビが生えてしまうということもしばしば。

いったんカビが生えてしまうと、一度取り除いたと思っても同じ場所に何度もカビが生えてしまう場合もあります。また、水垢が付着して、浴槽がざらついてくることもありますよね。

いずれ汚れてしまうのは仕方ない、とあきらめるのは早いです!新築の時のピカピカの浴室を維持するために「コーティング」するという方法があります。

この記事ではコーティングのメリットや特徴、種類についてご紹介しています。

ピカピカの浴室を維持したい、日々のお掃除を楽にしたいという方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

忙しい主婦の味方?浴室をコーティングするとこんなメリット生まれる!

浴室コーティングの最大のメリットは「カビや汚れから浴室を保護してくれる」という点です。

家の中でも浴室は高温多湿でカビや菌の発生しやすい環境です。それに加え、浴室は人の垢や石鹸かすなど栄養源も豊富なため、カビや菌が発生すると繁殖もしやすいです。

コーティングをすることにより、一定期間、カビの繁殖や、汚れの付着を防止してくれるのです。

また、たとえ汚れが付着した場合も、「汚れが落としやすい」という点もメリットの一つです。コーティング剤の上に汚れが付着しているため、シャワーで流したり、布で拭き取ったりするだけで簡単に汚れが落ちます。

 

カビや汚れが付きにくくなることにより、日々の掃除が簡単になるということにつながります。

また、頑固な汚れも発生しにくいため、「カビを取ろうと掃除をしたら細かい傷をつけてしまい、その傷に汚れが入り込んでしまい、更に取れにくい汚れが……」というような悪循環を避けることもできます。

日々の掃除は完全になくすことはできませんが、大掃除の必要性はほとんどなくなると言っていいでしょう!

 

コーティングにも種類がある!浴室コーティングの特徴

浴室のコーティングには大きく分けて

  •  浴室の色や傷を補修する「再生を目的としたコーティング」
  •  浴室の汚れやカビなどから守る「保護を目的としたコーティング」

という二種類があります。

「再生を目的としたコーティング」は、傷やひび割れをまず補正して塗装を施し、浴室を新品同様に再生させます。

中古物件を購入した場合や、長く済んだ自宅のリフォームの場合などに行います。浴槽を入れ替えるよりも費用を抑えることができるため、予算をおさえたいケースなどに使われます。

一方の「保護を目的としたコーティング」は、浴室を透明な膜で覆い、カビや汚れから守ってくれます。「防カビコーティング」「クリアコーティング」とも呼ばれ、新築の家におすすめです。

今回注目しているのは、こちらの「保護を目的としたコーティング」になります。

 

保護を目的とした浴室コーティングの特徴

新築のピカピカの浴室の状態を保つためにおすすめである「保護を目的としたコーティング」には、大きく3つの種類があります。

次の項目からは、それぞれの特徴や持続期間についてご紹介します。

 

フッ素系樹脂コーティング

保護を目的としたコーティングの中で最もスタンダードなものが「フッ素樹脂系コーティング」です。効果は撥水、防汚とベーシックです。

持続期間は平均的に3か月~1年程度となっており、3種類の中で最も短いです。

扱っている業者も多く、価格もリーズナブルなため、導入がしやすいですが、効果を長く持続させるためには定期的なメンテナンスが必要になります。

 

シリコンなどの樹脂系コーティング

フッ素系以外の樹脂を使ったコーティングでは主にシリコンを使用します。

シリコンの樹脂コーティングでは、フッ素系よりも分厚い塗装を形成します。また、樹脂の硬さも増すため、浴槽が傷つきにくくなります。

シリコンなどの樹脂系コーティングでは撥水、防汚、防傷の効果が期待でき、効果の持続期間はフッ素系よりも長い2年~5年程度になります。

 

ガラス系コーティング

ガラス系コーティングは樹脂系のコーティングとは全く異なる薬剤を使用します。

樹脂系が有機物の混ざった素材だったのに対し、ガラスは無機物になります。そのため、カビの付着の心配がなくなるとされています。

撥水・防汚・防傷・防カビ・耐熱・抗菌といった様々な効果が期待でき、持続期間も5年と長くなっています。ただし、ガラス素材のため、水滴を拭き取らないと水垢がついてしまう点は注意です。

浴槽の表面にガラス皮膜を吸着させる施工で、樹脂系のコーティングよりも難易度が高いとされているため、施工できる業者が限られています。

ガラス系コーティングを行いたい場合は、取り扱いがあるかどうかをまず確認するのがいいでしょう。

 

まとめ

今回は浴室のコーティングについてご紹介しました。

一度、カビが根付いてしまったり、汚れや傷がついてしまったりすると元の状態に戻すのは難しいです。新築の状態を維持するためにも、浴室に「保護を目的としたコーティング」をすることをおすすめします。

「保護を目的としたコーティング」には

  •  安価でベーシックな「フッ素系樹脂コーティング」
  •  傷のつきにくい「シリコンなどの樹脂系コーティング」
  •  防カビ・抗菌などの高機能・高持続性の「ガラス系コーティング」

の3種類があります。

ライフスタイルや予算に合わせて、どのコーティングにするのがよいか検討してみてくださいね。